F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、パワーユニット部門の準備は順調。建物は伝説の王者にちなみ『リント・ビルディング』と命名

2022年8月8日

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、ミルトン・キーンズのファクトリーに新設したパワートレイン部門の建物に、オーストリア国籍で活動した伝説的F1ドライバー、ヨッヘン・リントの名前を付けたことを明らかにした。次世代パワーユニット(PU)の設計・製造に向けて、準備は順調に進んでいるという。


 ホンダのF1活動終了に伴い、レッドブルは自社でパワーユニットを開発・製造するための部門レッドブル・パワートレインズを設立した。ここでは2026年以降の次世代パワーユニットを手がけることになり、ポルシェと提携することが予想されている。


 ミルトン・キーンズの建物にはすべて番号が振られているが、パワートレイン部門は『リント・ビルディング』と呼ばれているという。ヨッヘン・リントは、F1で1964年から1970年まで活動、1970年イタリアGP中の事故で死亡し、その年のチャンピオンを獲得した。レッドブルで現在モータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、リントと親交が深かった。

ヨッヘン・リント
ヨッヘン・リント

「今、我々はあそこを『リント・ビルディング』と呼んでいる。(建物に)ナンバーを振る段階は過ぎたからだ」とホーナーは説明し、レッドブル・パワートレインズの現在の状況についても語った。


「現在のエンジンマニュファクチャラーと競えるようになるため、この設備に投資してきた。12カ月前にゼロから始めたのだから、大きなハードルだ。55週でファクトリーを建設したのだ。レギュレーションの完全な明確化はまだなされていない。それこそが将来の状況を決める重要な一歩になる」


「レッドブル・パワートレインズへの投資は、レッドブルのこのスポーツに対する信じられないほどのコミットメントを示している」

2022年F1第9戦カナダGP クリスチャン・ホーナー(レッドブル代表)
2022年F1第9戦カナダGP クリスチャン・ホーナー(レッドブル代表)

 レッドブルは、レッドブル・パワートレインズのために多くの優れた人材を集めてきた。ライバルであるメルセデスから上級職のスタッフを何人も獲得、メルセデスF1のエンジン部門でヘッド・オブ・エンジニアリングを務めたベン・ホジキンソンをテクニカルディレクターに起用し、最近では、メルセデスのエンジン部門でチーフエンジニアを務めたフィル・プリューの獲得に成功したことも明かしている。


「(レッドブル・)パワートレインズはどんどん力を増してきている。形が出来上がってきたと思う。ミルトン・キーンズは工業団地にいくつか建物があった状態から、テクノロジー・キャンパスへと発展した」とホーナーは言う。


「グループは多額の投資を行っている。レッドブル・パワートレインズのために非常に優秀な人々を採用した。彼らは今、懸命に作業に当たっている。最初のエンジンをまもなく動かす予定だ。これまで学習を重ねるとともに、素晴らしい才能を持つ人材を何人か採用した」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号