F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリのタイヤ戦略を活かして表彰台を獲得するも「シャルルに同情する」とラッセル/F1第13戦

2022年8月3日

 メルセデスのジョージ・ラッセルは、ライバルのシャルル・ルクレール(フェラーリ)へ同情の念を示した。F1第13戦ハンガリーGPではフェラーリのタイヤ戦略が失敗したことで、ルクレールの努力が報われることはなかったのだ。


 ハンガリーGPのレース序盤、ラッセルは先頭集団でルクレールと戦っていたが、中盤の時点でルクレールがトップに立った。ルクレールと、10番グリッドから順位を上げてきた最大のライバルであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)による決戦の可能性が示された。


 しかしフェラーリが第3スティントでルクレールにハードタイヤを履かせたことで、すべてが台無しになった。この戦略によってルクレールのレースは打撃を受けたが、メルセデスのドライバーにとっては表彰台獲得の機会が到来し、彼らはそのチャンスを掴みにいった。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第13戦ハンガリーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


「シャルルとマックスは純粋なペースでは今も優勢にあると思うし、レッドブルは前でクルージングしていたはずだ」とラッセルはコメントした。


「明らかにマックスと僕は同じ戦略を採っていたから、彼らがどの部分で僕たちより速かったのか調べる必要がある。彼はおそらく0.15秒か0.2秒僕より速かった。その後フェラーリはハードタイヤに履き替えたけど、それは少し変な戦略だった」


「ああしたコンディションでハードがうまく機能するわけがない。だからシャルルには同情するよ。彼はシーズンを通して素晴らしい仕事をしてきているんだからね」


「でもそれがレースというものだし、チームとして僕たちはそのことを活かしたんだ」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第13戦ハンガリーGP 3位に入賞したジョージ・ラッセル(メルセデス)


 ハンガリーでの週末におけるラッセルの主な収穫は、土曜日にF1で初のポールポジションを獲得したことと、メルセデスが進歩を続けていることだ。


「チームは素晴らしい仕事をした。ポールポジションとダブルポディウムだ」とラッセルは語った。「僕たちは前進しているし、みんながそのためにしてきた仕事を誇りに思っている」


「僕たちはリセットして焦点を定め直し、シーズン後半に復活するだろう。そして優勝を目指して戦うつもりだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号