F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第10戦密着】初日16番手も「自分たちの弱点が明確に見える」今後の開発に向けデータ収集に励む

2022年7月2日

 F1第10戦イギリスGPから木曜日のメディアデーが復活した。その木曜日、メディアの前に姿を現した角田裕毅(アルファタウリ)は、シルバーストン・サーキットで行われるイギリスGPについてこう語っていた。


「僕たちが良いパフォーマンスを出してきたのはモナコなどの低速コーナーが多いサーキットなので、シルバーストンは厳しい戦いになると思います。また、多くのチームがイギリスGPでクルマをアップデートしてくると思います。だから、僕にできることは、できるだけクルマからパフォーマンスを引き出すことだと思っています」


 こうして始まったイギリスGP初日。フリー走行1回目は雨のためにほとんどのドライバーが走行を控え、本格的な走り込みはフリー走行2回目だけとなった。


 この1時間のセッションで、角田は最多となる29周を走り込んだ。しかし、結果は16番手。角田は前戦カナダGPの初日も17番手に終わっていたが、このときはパワーユニットを交換して最後尾スタートが決まっていたため、日曜日のレース用にロングランを行ったからだった。しかし、今回はグリッドペナルティもなければ、金曜日にマシンにトラブルが発生したわけでもなく、しっかりと走り込んで16番手に終わった。

【角田裕毅F1第10戦密着】
イギリスGP初日を16番手で終えた角田


 セッション後、この結果は想像していたよりも厳しかったと思うかと尋ねると、角田「このぐらいは予想していました」と冷静に語った。そして、こう分析した。「僕たちのクルマは単純にダウンフォースが足りていなくて、高速コーナーが全体的に遅いんです」


 シルバーストンにはターン9のコプスのほか、ターン10から14にかけてのマゴッツ、ベケッツ、チャペルの高速S字などの高速コーナーがあり、そこを速く走ることができないとタイムが出ない。角田によれば、「もともと今年のクルマは去年に比べてもグリップもないのに加え、高速コーナーでは特に滑っています」と言う。高速コーナーで滑れば、アクセルを緩めるしかなく、コーナーリングが遅くなるだけでなく、コーナー直後のストレートスピードにも大きく影響する。


 それでも、角田は言う。


「ここは一番厳しいグランプリになると思っていました。ただ、ある意味、自分たちの弱点が明確に見えるので、これをいい教訓にして、ここでしっかりと走行データを収集して、今後の開発につなげたい」


 16番手でも、角田はモータースポーツの聖地シルバーストンで前向きに戦っていた。

【角田裕毅F1第10戦密着】
2022年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ)



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号