F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、ポーパシング軽減のための新規定をF1フランスGPから導入へ

2022年7月1日

 FIAは、F1におけるポーパシング(マシンの激しい縦揺れ)の問題を軽減するための新たな規定の導入を、第12戦フランスGPに行うと発表した。ポーパシングはドライバーの健康や安全性に影響する深刻な問題であると考えたFIAは、第9戦カナダGPを前に、チームに対して技術指令書を発行した。その後、データを収集し、各車を監視するための基準値を導き出したFIAは、これをイギリスGP前にチームに伝え、フランスまでの間に対応するよう求めた。


 FIAは、垂直加速度における基準値を確立し、マシンの垂直方向の動きを制限、各チームは規定の範囲内に収めるため、必要であれば車高を上げなければならない。


 FIAはイギリスGPを前にした木曜、次のような声明を発表した。


「FIAの垂直振動データの分析が終了し、我々はこれを監視するための指標を定義した。技術指令がフランスGPから適用される際に、チームが次の2グランプリを使って、これに従うために、もし必要であれば、どのような変更を導入しなければならないのかについて自身で分析できるよう、彼らに最新情報を送った」


 技術指令においてはまた、アンダーボディのプランクの摩耗とチタンスキッドプレートの剛性に関する新たな制限が設定された。これらはポーパシングと関係があり、新たな基準値と密接に関わっていると、FIAは述べている。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 2022年に導入された新世代F1マシンでは、グラウンドエフェクトフロアから発生するダウンフォースの影響で、高速走行時にマシンが激しい縦揺れを起こす傾向がある。さらに、ダウンフォースを最大化するために硬いサスペンションセットアップにすることで、スムーズではない路面を走行する際にドライバーの身体に大きな負担がかかる状況も見られている。


 FIAがこの問題の解決をチーム自身に委ねるのではなく、介入して規制することについては、ポーパシングに比較的苦労していないチームからは不満の声が出ている。また、技術指令を発表したタイミングがカナダGP前の木曜であり、グランプリ直前であったことにも批判があり、導入のタイミングが延期されていた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号