F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンのDRSトラブル、レッドブルF1の軽量化が影響した可能性

2022年5月25日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1スペインGPでマックス・フェルスタッペン車のDRSにトラブルが発生した原因として、マシン重量削減のためのアップデートが影響した可能性があるとコメントした。


 フェルスタッペンは、スペインGP決勝序盤、2番手走行中にコースオフし、その後、4番手から順位を上げていかなければならなかった。しかしDRSに問題があり、作動したりしなかったりを繰り返していたため、フェルスタッペンにとってはバトルが非常に困難なものになった。

2022年F1第6戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とジョージ・ラッセル(メルセデス)のバトル

 予選の時点でフェルスタッペン車にはDRSトラブルが発生、Q3でのポールポジション争いに影響した。そのためチームは決勝前にDRSアクチュエーターとDRSフラップ・ピボットピンを交換したが、レース中に問題が再発した。


「重量が要因のひとつだ。だが問題が何であるのかをこれから正確に理解する必要がある。解決できたと思っていたからだ」とホーナーは語った。
「しかし残念ながら、レース全体を通して信頼できる修正策でなかったことが分かった」


『auto motor und sport』は、フェルスタッペンのマシンには新しいDRSメカニズムが採用されており、このアップグレードによりいくらかの軽量化が実現されていたと伝えている。セルジオ・ペレスのマシンにはこのアップグレードは投入されていなかった。


 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは「今の開発ペースでは、すべて同じものを2台分、製造することはできない」と述べている。


「決勝に向けて(フェルスタッペンのDRSの)問題を解決したと思っていたが、それは間違いだったようだ」


 2022年の新レギュレーションにより新世代F1マシンが導入され、車両の最低重量は798kgに変更された。大半のマシンがこの重量を大幅に上回った状態でシーズンをスタート、重量削減に取り組んでいる。


 フェルスタッペンは最終的にスペインGPを制することができたが、レッドブルは次戦モナコGPに向けて対策を講じる必要がある。



(Grandprix.com/autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号