F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説:第5戦(1)アップデートなしでフェラーリに勝利。レッドブルRB18が持つふたつのアドバンテージ

2022年5月16日

 2022年F1第5戦マイアミGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。第1回では、アップデートを導入しなかったレッドブルがフェラーリに勝利した理由を探る。


────────────────────────────────


 セバスチャン・ベッテルが4連覇を果たした2010年から2013年、レッドブルのマシンはライバルたちよりもコーナーで速く、ストレートで少し遅いという明らかな傾向があった。それが今季のRB18は、真逆の選択になっている。第4戦エミリア・ロマーニャや今回のマイアミで見たように、エイドリアン・ニューウェイ設計のマシンは、トップスピードが強力な武器になったのだ。


 イモラでは、スプリントレースでマックス・フェルスタッペンが最終区間リヴァッツァとタンブレロの間のほぼ直線区間で、シャルル・ルクレールをパスすることに成功した。マイアミでは9周目にオーバーテイクし、フェラーリが時折DRSを使っても、決して抜き返される隙は見せなかった。


 レッドブルはベンチュリートンネルの設けられた今季のマシンの中で、フロア下で最も強大なダウンフォースを発生でき、従って最もリヤウイングを寝かせられる特徴を持つ。


 そこからは、2つのメリットが生まれる。まず抵抗が少ないため、RB18は直線で非常に速い。予選での最高速はスピードトラップでセルジオ・ペレスが334.6km/h、フェルスタッペンが334.3km/h。フィニッシュラインではそれぞれ289.7km/h、289.3 km/hという結果だった。


 一方フェラーリ勢は、スピードトラップでのルクレールは325.6km/h、カルロス・サインツ323.0km/h、そしてフィニッシュラインでは286.3km/h、286.1km/hと、いずれもレッドブルの2台が余裕を持ってリードしていた。

2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 そして2つ目は、タイヤの持ちの良さである。フロア下でのダウンフォース発生量は多いものの、マシン全体で言えばフェラーリの方がダウンフォース発生量は多い。今季のフェラーリは、コーナリングでタイムを稼ぐマシンと言える。タイヤが温まりやすいおかげで、一発タイムはレッドブルを凌ぐ。しかしロングランでは、多くの場合それが欠点になる。


 イモラでもマイアミでも、決勝レースでミディアムタイヤを履いた際のRB18のフロントの劣化は、F1-75よりはるかに少なかった。そのためフェルスタッペンは、簡単に逃げ切ることができた。後半のハードタイヤでは両車の劣化具合に大きな差はなかったが、トップスピードに勝るレッドブルが再び優位に立ったのだった。

2022年F1第5戦マイアミGP レッドブルRB18リヤブレーキダクト
2022年F1第5戦マイアミGP レッドブルRB18リヤブレーキダクト



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号