F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・レーシング、シーズン9からフォーミュラEに参戦。メルセデスEQFEを買収

2022年5月15日

 5月14日、マクラーレン・レーシングは2022/2023シーズンのABB FIAフォーミュラE世界選手権シーズン9に参戦すると正式に発表した。これまでフォーミュラEに参戦してきたメルセデスEQフォーミュラEチームを買収するかたちとなる。


 すでにマクラーレン・レーシングは、2021年1月にシーズン9参戦に向けた評価期間参加のオプションにサインし、その後オフロードで争われるエクストリームEに参戦していた。マクラーレンでは、今回のフォーミュラEへの参戦はEVモータースポーツへの取り組みを反映するだけでなく、マクラーレン・レーシングの持続可能な将来への旅を加速し、より多様な世界中のデジタルオーディエンスにリーチするという目標を反映する。


 今回の参戦に向けては、チャンピオンチームで、2021/2022シーズンで活動終了を発表しているメルセデスEQフォーミュラEチームを買収することで実現し、チームプリンシパルのイアン・ジェームスは引き続きチームに携わり、マクラーレン・レーシングへのスムーズな移行を実現するために活動する。


 マクラーレン・レーシングCEOのザック・ブラウンは「マクラーレン・レーシングは常に最先端のテクノロジーで争うこをと目指している。ファン、パートナーはもちろんすべての人々を楽しませ、刺激する新たな方法を提供していく。フォーミュラEはすべてのレースシリーズと同様、これらすべての基準を満たす」と語った。


「我々が参加するすべてのスポーツと同様、フォーミュラEの中心にはレースがあるが、戦略的、商業的、技術的にマクラーレン・レーシングに追加される。メルセデスが構築してきたチームにホームを提供できることも満足しており、マクラーレンの本格的なメンバーになるだろう」


「フォーミュラEはF1チーム、インディカーチームとは分けて運営されるが、エクストリームEとともにEVレーシングプログラムを補完、および構築していくことになる」


 また、メルセデスEQフォーミュラEのチーム代表を務めてきたイアン・ジェームスは「今日の発表はチームの発展における次なるエキサイティングなチャプターだ。2019年の創業以来、パフォーマンス、持続可能性、適応性が我々の成功のカギとなっている」と語った。


「マクラーレン・レーシングのファミリーの一員となれることは特権だ。マクラーレンは常に成功と高い性能の代名詞となっていた。何よりもチームメンバーにとっては素晴らしい瞬間となった。彼らと仕事を続けることができるのは、私が最も興奮していることだ」


 シーズン9でのドライバーラインアップ、パワートレインのサプライヤー、コマーシャルパートナーなどの詳細は後日発表される。



(Ryuji Hirano / autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号