F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「ペレスはリタイア寸前だった」とレッドブルF1代表。テクニカルトラブル連発への懸念は打ち消す

2022年5月11日

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、F1マイアミGP決勝でセルジオ・ペレスは、センサートラブルによりリタイアした可能性があったと明かした。


 ペレスはレース中、突然のパワーロスを訴えた。エンジンのシリンダーセンサーの不具合により、いくつかのシステムがシャットダウンされたことが原因であったが、ペレスはなんとか4位でフィニッシュすることができた。


 だがホーナーは、リタイアの可能性があったとして「その寸前だった」と語った。


「シリンダーのひとつのセンサーに問題があった。問題を理解し、今後の再発を防ぐため、HRCと緊密に連携して対処する」


 この問題によって、ペレスのRB18はパワーが低下し、特にトップスピードに大きな影響があったという。


「この問題が起きたために、おそらくパワーが20キロワット失われていた」とホーナー。


「新しいタイヤに交換して、そのアドバンテージを得ても、本来マシンが持つストレートラインスピードより0.5秒低下していただろう。このトラブルがなければ、彼は2位を獲得できたかもしれない」

2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表
2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表

 レッドブルは今年、繰り返しテクニカルトラブルに見舞われている。開幕戦バーレーンでは2台揃ってリタイア、オーストラリアではマックス・フェルスタッペンがフィニッシュできなかった。マイアミGP金曜にフェルスタッペンは、マシンに問題が発生したことで大幅に走行時間を失っており、彼はチームに対し、タイトル争いのために信頼性の問題を解決するよう求める発言を行った。


 ホーナーは、マシンに根本的な問題があるわけではないと示唆した。


「このマシンが特に壊れやすいとは、私は考えていない」とホーナーは言う。


「プレシーズンテストで通常見られたはずの小さな問題が、シーズンに入ってから発生し始めただけだと思う」


「苛立たしいことではあるが、HRCと緊密に連携して対応している。彼らは素晴らしいサポートを提供してくれているし、我々は問題を解決することができるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号