F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「フェラーリがステイアウトしてくれて本当にラッキーだった」/F1第5戦決勝

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは4位を獲得した。コンストラクターズ選手権において、首位フェラーリと2位レッドブルとの差はわずか6点に縮まった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 非常に戦術的なレースだった。うまくやるために、持てる力をすべて出し切った。セーフティカー出動時にフェラーリがピットに入らなかったことは、我々にとって本当にラッキーだった。


 マックスはシャルル・ルクレールから大きなプレッシャーを受けていた。その状態でマックスは集中力を切らさず、一切ミスをせずに、少しずつDRS圏外へとルクレールを引き離していったのだ。今日はDRSの効果が非常に大きかったが、マックスはそうして勝利を手に入れた。


 チェコは今日非常に不運だった。序盤にセンサーの問題が発生し、約30馬力を失ったのだ。我々は彼をピットインさせて、タイヤによるアドバンテージを与えることにした。彼は全力で戦ってくれた。問題が発生しなければ、2位でフィニッシュしていたかもしれない。


 この後、興味深いレースが続く。マシンは良い状態で走っているし、夏にはいくつか開発を導入する予定だ。車重もさらに落とす必要がある。とはいえ今週末の結果には満足している。

2022年F1第5戦マイアミGP セーフティカーの後ろを走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第5戦マイアミGP セーフティカーの後ろを走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

(バーチャルセーフティカーが出て、セーフティカーに切り替わった時のことについて『Sky Sports』に対して語り)VSCが出ている時に、マックスはピットラインを通過した。その時に考えられる最悪の事態は、フル・セーフティカーになって、ルクレールと(カルロス・)サインツがフリーストップを得ることだった。


 だがありがたいことに、フェラーリは2台ともピットに入れなかった。おかげで引き続き同じ戦略で走ることができた。そうでなければ、フェラーリは大きなアドバンテージを得ていただろう。


 我々はフェラーリがタイミングを見送ったことで、苦境に陥らずに済んだ。彼らはフリーストップを得て、ソフトタイヤに換えることもできたのだ。

2022年F1第5戦マイアミGP表彰台 1位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2位シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3位カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第5戦マイアミGP表彰台 1位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2位シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3位カルロス・サインツ(フェラーリ)



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号