F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン今季3勝目「素晴らしい挽回。ただ信頼性不足は大きな課題」レッドブル/F1第5戦決勝

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは今季3勝目を獲得した。


 3番グリッドからスタートで2番手に上がり、レースをリードしていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)を9周目にパスしてトップに立った。フェルスタッペンはルクレールより2周遅い26周目にタイヤ交換、その後もルクレールの前の位置を保つ。41周目にアクシデントによりセーフティカーが出動した際、ふたりはステイアウトを選び、リスタートでも順位は変わらず。その後、ルクレールがDRS圏内まで迫る場面もあったが、フェルスタッペンはポジションを守り切り、最終的には3.786秒差をつけて優勝を果たした。


 フェルスタッペンはファステストラップも記録し26点を獲得。ポイントリーダー、ルクレールとの差を19点まで縮めた。

2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝
2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=1位
3番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード


 マイアミで勝つことができて最高の気分だ。今週末のグランプリは素晴らしい雰囲気に包まれていた。アメリカで勝つのはいつだっていい気分だね。身体的にはきついレースだった。3kgぐらい体重が減ったと思うよ!


 ミディアムタイヤでのペースがすごくよかった。それがレースに役立った。ピットストップをした後は、シャルルを見ながら、タイムをコントロールすることに集中した。ハードタイヤでのペースはほぼ同じだったと思う。その後、セーフティカーが出動して、ファンにとって楽しい展開になった。プッシュしなければならなかったけれど、うまくやり遂げたよ。


 チームにとって良い結果になったからすごくうれしい。週末の出だしは良くなかったのに、持ち直してここまで来ることができた。全員に心から感謝する。

2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝
2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝

(記者会見でタイトル争いについて語り)素晴らしい挽回だった。でも僕たちにはまだ解決すべき問題が残っている。速さはあるけれど、僕の金曜日はひどいものだった。今日はチェコ(ペレス)がトラブルを抱えていた。こういった問題を克服する必要がある。僕たちには大きなポテンシャルがあるが、高い信頼性を発揮しなければならない。


 トラブルに見舞われることなく、確実にポジティブな週末を過ごす必要がある。イモラはそうだったけれど、今のところ、良い時もあれば悪い時もあるという感じだ。

2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝
2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝



(autosport web)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号