F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「F1のリーダーシップを強化することが必要」アブダビGPの一件はF1の運営方法を変える契機となるか

2022年1月20日

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、物議を醸した2021年シーズンの最終戦アブダビGPは、F1とFIAがスポーツのコントロールをチームから取り戻すための改革に着手する必要性を示していると述べている。


 ヤス・マリーナ・サーキットでの劇的なF1タイトル決定戦が終わって1カ月、その反響は拡大し続けている。F1とFIAは、内部関係者やファンからの批判の波に引き続きさらされており、最終戦の完全な調査を行うというFIAの決定が下されても批判はほとんど収まっていない。調査結果は、3月に開催される2022年シーズンの開幕戦バーレーンGPまでは発表されないという。


 マクラーレンのウェブサイトに発表されたコラムのなかでブラウンは、過去にも何度か示されたように、チーム側がF1とFIAを過度にコントロールしていることから、今こそF1におけるパワーバランスを変える時が来たと述べている。


「モハメド・ビン・スライエムが2021年12月に新たなFIA会長に選出されたことは、F1の運営方法を変革するチャンスだ」とブラウンは語った。


「2021年シーズン最後のアブダビでの出来事に注目するのは言うまでもないことで、FIAの調査対象ともなっているが、私の見解では、これは原因ではなく兆候だった」


「FIAかチームか、誰がルールを作るのかということについて、連携と明確さに関する体系的な問題がある。このことは時にははっきりとした形で、過去何年にもわたって問題自体が明示していた。組織に関する問題の兆しは、2020年オーストラリアGPと2021年のベルギーGPでも見られた。どちらもイベントの展開への準備が不足しており、解決策はその場しのぎだった」


「FIAとF1の役割を完全に明確にし、このスポーツのリーダーシップを強化する必要性があることは、モハメド・ビン・スライエムとステファノ・ドメニカリ、および彼らのチームの議題に間違いなく載っているだろう」

2020年F1第1戦オーストラリアGP金曜 F1および主催者が中止に関する記者会見を行う
2020年F1第1戦オーストラリアGP金曜 F1および主催者が中止に関する記者会見を行う


 ブラウンは、F1の商業権保有者であるリバティ・メディアの監督のもとで成功した“リセット”が、今では「スポーツのトップにおける、より強力で指導的なリーダーシップとガバナンスへのシフト」を必要としていることが示されていると述べた。つまり、チームのパワーと影響力を抑え、”過度に興奮したチーム代表たちが大衆の前で”レースオフィシャルを操作したり、彼らにプレッシャーをかけたりすることをなくしたいとブラウンは考えている。


「レギュレーションの適用に一貫性がないことには誰も満足していないが、それには競争上の優位性のためにチームが常につけこんでいるせいもある」


「以前も言ったが、チームのパワーが強すぎるので、抑える必要がある。レギュレーションの起草とF1のガバナンスに我々は大きな役割を果たしているが、スポーツ全体にとって何が最善かという意図で常に影響力が行使されるわけではない」


「もちろんチームは協議に参加し、特に長期的な戦略の問題については、情報にもとづいたチームの視点が考慮されるべきだ」


「しかしこのスポーツがある特定のチームに支配されているような時もある。我々チームも、レギュレーション適用における一貫性のなさの原因となってきたことを忘れないでおきたい」


「何がなんでもレースをセーフティカーで終わらせないために、プレッシャーをかけたのはチームだ。不満のあるレギュレーションの多くに投票したのもチームだ」


「レースディレクターへの無線メッセージが放送されることを利用して、ペナルティやレース結果に影響を及ぼそうとしているのはチームだ。過剰に興奮したチーム代表が公の面前でレースオフィシャルにプレッシャーをかけるほどだった」


「これはF1を啓発することではない。国際的なスポーツの頂点というよりは、パントマイムのオーディションのように感じられた時があった」

トト・ウォルフ(メルセデス チーム代表)&クリスチャン・ホーナー(レッドブル・ホンダ チーム代表)
2021年F1第22戦アブダビGP トト・ウォルフ(メルセデス チーム代表)&クリスチャン・ホーナー(レッドブル・ホンダ チーム代表)

マイケル・マシ(FIAレースディレクター)
2021年F1第20戦カタールGP マイケル・マシ(FIAレースディレクター)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号