F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1のためPU開発に取り組むホンダ。難題をもたらす新E10燃料への適応を進める

2022年1月8日

 2022年にはF1技術レギュレーションが大幅に変更され、新世代のF1マシンが登場する。一方でパワーユニット(PU)に関しては変更がなされないものの、燃料が変わることへの対応を行う必要がある。


 1.6リッターV6ターボハイブリッドの規則は2022年にも維持された上で、シーズン最初にパワーユニットのホモロゲーションが行われ、2025年末まで開発が凍結される。一方、F1のサステナビリティへの取り組みのなかで、燃料はバイオエタノールの割合を10パーセントに引き上げられた『E10燃料』に切り替わる。


 燃料の変化により、パワーが低下することが予想されており、20馬力ほどが失われる可能性があると考えられている。当然のことながら、各マニュファクチャラーがこれに対処するための努力を続けている。


「ホンダはこれに適応するために膨大な作業に取り組んでいる」と、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコが述べたと『Auto Motor und Sport』が伝えた。


「私はポジティブな話を聞いている。だが、まだ2021年と同等のパフォーマンスには至っていない。実際のレースコンディションでどうなるかを待つだけだ」

レッドブル・レーシングのファクトリー
レッドブル・レーシングのファクトリー

 ホンダは、F1パワーユニットサプライヤーとしての参戦を2021年末で終えることを決めた後、レッドブル・レーシングと姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリに対して2022年以降もそのパワーユニットに関する知的財産権の使用を許諾することを決めた。このプロジェクトのためにレッドブルはパワーユニット部門の新会社『レッドブル・パワートレインズ』を立ち上げた。


 2022年シーズンにおいては、ホンダはレッドブル・パワートレインズに対するパワーユニットの組立支援や、サーキットおよび日本におけるレース運営サポートを行うと、2021年10月の段階で明らかにしている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号