F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロス・ブラウン、2022年型F1マシンは「もう少し堅牢でシンプルにする」ことに焦点を当てたと語る

2021年12月22日

 F1のスポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、彼が「あまり芳しくないレーシングカー」と考えている現行スペックのマシンが、来年にはまったく新しいデザインに変わることを楽しみにしている。


 2022年のレギュレーションのプラットフォームは、F1、FIAおよびチームの間で何カ月もの議論と協議が行われた末にまとめられた。レギュレーションは、より優れたレースとさらなるオーバーテイクのチャンスを生み出すために、マシン同士が接近戦で追いかけあう能力を向上させる目的のもと考案されたため、F1ファンのためのショーがレベルアップすることになる。


 現行のF1マシンが“究極のF1マシン”とみなされることになるかどうかと尋ねられたブラウンは、今日の現行スペックのマシンに関して複雑な見解を明かした。


「究極のF1マシンの定義がなんであるかということによると思う」とブラウンはアブダビで『F1 TV』の番組Tech Talkに語った。


「もし最速ということであれば、おそらくそうだ。もし最高のレーシングカーかということであれば、ノーだ」


「これらのマシンは互いに接近している時、あまりにも危ういと思う。縁石に接触した場合はあまりにも危険だ。パーツが飛び散って機能しなくなる。信じられないような装置だ。驚くほどの複雑さだという意味においてはね」

キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)


 またブラウンは、現行スペックのデザインの背後にある、エンジニアリング面における素晴らしい性能を強調する一方で、それらは純粋なレーシングマシンとしてコース上で見せ場を改善する助けにはなっていないことを明らかにした。


「それは反復処理を行うソフトウェアで得た方法論だ。ソフトウェアはマシンの特定領域の理想的なデザインにたどり着くまで何度も何度もチェックし続ける。そしてすべてのパーツが他のパーツにとって重要となるので、ひとつのパーツが飛ばされると、結局はレーシングカーなので、正常に機能しなくなる」


「それが新しいマシンにおけるひとつの焦点だ。もう少し堅牢でシンプルにし、重大なことが起きないようにしようとしている。間違いなくチームはコンセプトを複雑にするだろうが、我々はまたそれを引き戻すことができると考えている」


「つまり、それら(2021年モデルの)マシンは魅力的で素晴らしく印象的なデザインだが、実際にはあまり良いレーシングカーではないということだ」

2022年型F1マシンの実寸大モデル
2021年F1第10戦イギリスGP 木曜日に発表された2022年型F1マシンの実寸大モデル



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号