F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ、PU交換で後方グリッドからのスタートに「ロングランだけの金曜日は変な感じ」フェラーリ/F1第16戦

2021年10月9日

 2021年F1トルコGPの金曜、フェラーリのカルロス・サインツはフリー走行1=5番手/2=12番手、シャルル・ルクレールはフリー走行1=3番手/2=2番手だった。


 フェラーリが週末を前に明かしていたとおり、サインツ車に新たなパワーユニット(7エレメント)が投入され、 MGU-Kとエキゾーストシステムを除く5エレメントが制限数を超えたため、グリッド最後方への降格ペナルティが科された。


■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
フリー走行1=5番手(1分24秒860:ソフトタイヤ/25周)/2=12番手(1分24秒903:ソフトタイヤ/34周)


 PU交換ペナルティのためグリッド後方からスタートすることは分かっているので、いつもとは少し違う形で金曜日を過ごした。すべてがスムーズに動いていることを確認し、いくつかのセットアップを試し、ソフトとミディアムタイヤでロングランを集中的に行った。


 ショートランでプッシュすることのない金曜日というのは少し変な感じだったけど、今週末の僕たちの目標は日曜日に順位を上げることだ。


 今回僕たちのマシンには競争力がありそうだ。路面は、去年から大きく変化している。グリップがとても高くて、シーズンここまでのなかで最高レベルのグリップを感じる。それがタイヤとマシンのパフォーマンスにどのような影響を及ぼすのか、理解することが重要だ。

2021年F1第16戦トルコGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第16戦トルコGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
フリー走行1=3番手(1分24秒654:ソフトタイヤ/27周)/2=2番手(1分23秒970:ソフトタイヤ/29周)


 昨年に比べると、路面のグリップが増したね。今日はマシンの感触がとても良くて、走っていて楽しかった。マシンのリヤを振り回すようにして走ることができたんだ。今日はとても競争力が高かったから、今のところはうまく機能しているということかな。


 ここまではポジティブに事が進んでいると思うが、まだ金曜日だ。いい予選にするために、マシンの微調整にしっかり取り組んでいく必要がある。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 21:00〜22:00
フリー走行2回目 24:00〜25:00
7/2(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
7/3(日) 決勝 23:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号