F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【動画】ノリスのコースアウトに声を失うピットクルーたち/F1ロシアGP マクラーレンの裏側

2021年10月7日

 マクラーレンにとってはまさに悪夢だった。F1第15戦ロシアGP、レース終盤に降り出した雨がすべての歯車を狂わせ、それまでトップを力走していたランド・ノリスの初優勝は幻に消えた。今回マクラーレンがアップしたのは、そんな悲劇の週末の裏側に密着した動画だ。



 動画はダニエル・リカルドの姿から始まる。前戦イタリアGPで優勝したリカルドは上機嫌で、「これから僕はモンツァと名乗る」とジョークを飛ばす。一方そんな彼と対比されるように、次のシーンでは、落ち着いた面持ちでコースウォークを行うランド・ノリスが映る。ファンの声援に応えつつ黙々と歩く彼の姿は、リラックスしながらも「次は自分の番だ」と闘志をみなぎらせているようにも見える。


 そして実際にノリスはやってのけた。土曜日の予選で、ノリスは自身初めてのポールポジションを獲得する。2戦続けての快挙に、クルーたちは抱き合っての大喜び。5位に入ったリカルドも、踊りながら満面の笑みで「ポールがなんだ!僕も5番手だよ!」とガッツポーズ。


 チームの雰囲気は最高潮で、ノリスはインタビュアーに「僕たちは止められない」と語ってみせる。


 むかえた決勝。ポールからスタートしたノリスだったが、序盤にサインツのオーバテイクを許し、2番手に後退する。モニターを見るクルーたちからはため息が漏れるが、それ以上にスタッフが不安そうに見つめているのは、雨雲レーダーだ。


 サインツを抜きトップに返り咲いたノリスだが、もし雨が降ればレースの流れは大きく変わってしまう。いつ降り出すかもわからない雨に重い雰囲気が漂うピットで、あるクルーは呟く。「最後の試練だ」と。


 チェッカーまで7周に迫った47周目、ついに雨が落ち始める。マクラーレンはリカルドをピットに入れたが、ノリスについてはステイアウトを選択。そして悲劇が起こる。


 51周目のことだった。急速にウエット化した路面にドライタイヤは全くグリップせず、制御を失ったノリスのマシンは、ゆっくりと滑るようにコースを外れていく。目前に迫った初優勝が、彼の手からこぼれ落ちた瞬間だった。短く、悲鳴のような声が聞こえたあと、ピットは長い沈黙に包まれる。誰もが言葉を失っている。


 レース後、テレビカメラの前では気丈に振る舞うノリス。しかし、その数分前にマクラーレンのカメラが捉えていたのは、モーターホームで涙を拭う彼の姿だった。



(autosport web)




レース

11/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号