F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「新時代のF1で何を成し遂げられるのか楽しみ」ガスリー、アルファタウリF1の進歩には満足。さらなる協力を誓う

2021年9月7日

 スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは2022年に向けてドライバーラインアップを発表し、ピエール・ガスリーと角田裕毅のコンビを継続することを明らかにした。


 今年F1での5シーズン目を迎えたガスリーは、第6戦アゼルバイジャンGPで3位に入賞し、自身3度目の表彰台を獲得した。第13戦オランダGP終了時点で今季は11回の入賞を果たしており、現在ドライバーズランキングは8位となっている。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が3位を獲得
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が3位を獲得


 ガスリーはチームの成長に満足しつつも、新しい規則が導入される2022年を前に、まだ達成すべきことがあると意欲を語った。


「2017年に僕が最初にチームに加入して以来、チームとしての進歩を目の当たりにしてきたので、スクーデリア・アルファタウリと一緒にF1でのさらなるシーズンに向けて進んでいけることをとても嬉しく思う」


「今シーズンのこれまでのパフォーマンスを見ると、今年の残りのレースと来シーズンに向けて、達成すべきことがあると思っている。特に来年は(レギュレーションの)変更があるからね」


「新時代のF1で僕たちが何を成し遂げられるのかを考えるとワクワクするし、選手権で上に上がるためにチームと全力で協力し続ける。今年はこれまで非常に成功しているし、2022年にはさらにいい結果を出すために協力できると信じている」


 オランダGP終了時点で、アルファタウリ・ホンダはコンストラクターズランキングにおいて6位につけており、5位のアルピーヌとは6ポイント差、7位のアストンマーティンとは31ポイント差だ。接戦が続く中団勢のなかでガスリーと角田はどこまでチームを押し上げることができるだろうか。残りのレースでの活躍に期待がかかる。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP表彰式 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

2021年F1第5戦モナコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第5戦モナコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)



(autosport web)




レース

12/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン369.5
2位ルイス・ハミルトン369.5
3位バルテリ・ボッタス218
4位セルジオ・ペレス190
5位シャルル・ルクレール158
6位ランド・ノリス154
7位カルロス・サインツJr.149.5
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー100
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム587.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ559.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ307.5
4位マクラーレンF1チーム269
5位アルピーヌF1チーム149
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ120
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号