F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、2022年シーズンのジョージ・ラッセル起用を発表

2021年9月7日

 9月7日(火)、メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームは、2022年シーズンよりイギリス人ドライバーのジョージ・ラッセルを起用することを発表した。


 メルセデスは2017年からルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのふたりを起用しており、ハミルトンとニコ・ロズベルグのコンビで戦っていた時代を含めて現在までにコンストラクターズ選手権7連覇を達成している。ところが6日(月)にボッタスが今季限りでメルセデスを離脱し、来シーズンよりアルファロメオ・レーシング・オーレンへ移籍することを明らかにした。


 その空席に、ラッセルが収まることになる。ラッセルは2017年にメルセデスの育成プログラムに加入し、またこの年はARTグランプリからGP3シリーズに参戦してタイトルを獲得。2018年には同じくARTグランプリからFIA-F2に参戦し、ランド・ノリスやアレクサンダー・アルボンらを下してチャンピオンとなった。この年はフォースインディアからフリー走行にも出走している。


 その後ラッセルは2019年にウイリアムズからF1にデビューした。この年はウイリアムズのパフォーマンス不足によりほとんど他チームと争えない状況下での参戦となったが、予選ではチームメイトのロバート・クビサを全戦で上回ってみせた。


 2020年には予選でQ2進出を果たすようになり、入賞まであと一歩と惜しいレースが続く。そんななか第16戦サクヒールGPでは新型コロナウイルスに感染したハミルトンの代役を務め、予選で2番手を獲得。決勝ではタイヤの装着ミスやパンクに見舞われるが9位入賞を果たした。


 そして今年は第9戦オーストリアGPで予選Q3に進出。惜しくも入賞は逃したが、第11戦ハンガリーGPで9位に入賞し、ウイリアムズでの初入賞を掴み取った。第12戦ベルギーGPでは予選で2番グリッドを獲得し、大雨の影響を受けた決勝レースを2位で終え自身初の表彰台を獲得している。


 メルセデスはすでにハミルトンと2023年末までの契約を結んでいるため、2022年はハミルトンとラッセルというイギリス人ドライバーコンビで戦うことになる。なおウイリアムズにおけるラッセルの後任ドライバーは、まだ発表されていない。



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
12/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
12/12(日) 決勝 22:30〜


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン369.5
2位ルイス・ハミルトン369.5
3位バルテリ・ボッタス218
4位セルジオ・ペレス190
5位シャルル・ルクレール158
6位ランド・ノリス154
7位カルロス・サインツJr.149.5
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー100
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム587.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ559.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ307.5
4位マクラーレンF1チーム269
5位アルピーヌF1チーム149
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ120
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号