F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、ピットレーンスタートから8位「ノリスとの接触がなければ6位も可能だった」レッドブル・ホンダ/F1第13戦

2021年9月6日

 2021年F1オランダGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは8位だった。


 ペレスは予選で渋滞の影響を受けて16番手にとどまったため、チームはシーズン今後を考慮し、ここでパワーユニットのエレメントを交換し、ペナルティを受けることを決めた。ペレスのマシンにはシーズン4基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスが入れられ、エナジーストアは仕様の違うものに交換されたため、ピットレーンからのスタートを義務づけられた。

2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がピットレーンスタート

 スタートタイヤにはハードを選択。しかし序盤にオーバーテイクを仕掛けた際にロックアップし、タイヤを傷めてしまい、8周目にミディアムに換え、47周目にはソフトに交換し、全71周を2回ストップで走った。2回目のピットストップ後、11番手でコースに復帰し、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、ランド・ノリス(マクラーレン)、エステバン・オコン(アルピーヌ)を抜いて8位入賞を果たした。


 ノリスをターン1でオーバーテイクする際には、接触が起きたが、両者は続行することができた。


■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 決勝=8位
 すべての力を出し切った。オーバーテイクは毎回限界ぎりぎりで、大きなリスクを負って実行しなければならなかった。


 今日はエンジン交換をしたことでペナルティを受け、ピットレーンスタートになったので、ダメージを最小限に抑えることを目指すレースになった。


 終盤、ランドとの間に接触が起きたことは残念だ。あれでマシン右側に大きなダメージを受けた。僕には十分なスペースが残されていなかったが、彼には見えていなかったと思うので、あれはレーシングインシデントだと考えている。


 でもあの後、グリップを大幅に失ってしまった。それがなければ6位が可能だったはずだ。


 オランダのファンにもっといい結果をプレゼントできればよかったのにね。彼らは週末を通して熱心に応援してくれた。


 この後は前を向けて、モンツァで強さを発揮したい。

2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号