F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファロメオF1、ベルギーGPの運営方法に不満「レースはなかったものとして対処するのがより適切」と声明

2021年8月31日

 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、セーフティカーの後ろで限られた周回しかしていないF1第12戦ベルギーGPの結果を公式のものとする決定について、反対する内容の声明を発表した。


 激しい雨により、2021年F1世界選手権第12戦ベルギーGPは約3時間の中断を強いられた。レース再開後はセーフティカーの先導で3周したところで赤旗が掲示され、そのまま終了となった。


 しかしながらF1の競技規則によると、ほんのわずかなラップ数であっても、FIAが公式に順位を決定し、トップ10のドライバーにハーフポイントを付与するには十分だ。


 コンストラクターズ選手権で下位にいるチームのなかでも、ウイリアムズはその合計ポイントに10ポイントを追加することとなり、アルファロメオに対するリードを17ポイントに増やした。


 言うまでもなくアルファロメオはこの展開に不満を抱いており、レースは単に中止されるべきだと主張している。


「ドライバーやマーシャル、そして観客自身の安全を守るために、こうした状況でレースをしないと決断したことは正しかった」と月曜日にアルファロメオは述べた。


「しかしながら昨日の状況では、我々が昨日見た『レース』をまったくなかったものとして対処するのがより適切だ。この結果は我々にとって苦痛だが、特に苦痛を感じているのは、観に来たレースを観ることができなかったこのスポーツのファンたちだ」


「我々は昨日の一件から教訓が得られたことを望んでいる。それにより今後の運営方法が改善され、我々のスポーツのサポーターたちが彼らに相応しいポジションに置かれるようになるだろう」

キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第12戦ベルギーGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP