F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:「失うモノは何もない」一か八かの作戦で予選2番手を獲得したラッセルとウイリアムズ

2021年8月29日

 2021年F1第12戦ベルギーGP予選の最大のハイライトは、ウイリアムズのマシンを駆るジョージ・ラッセルが、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回って2番手を獲得したことだろう。


 終始ウエットコンディションのなかで進行された今回の予選。Q3セッションは、開始わずかでランド・ノリス(マクラーレン)がオールージュ直後の上り坂であるラディオンで大クラッシュし、マシンが大破したため赤旗中断となった。


 長い中断を経てセッションは再開。ポイントとなったのは残り時間が9分だったことだ。ウエットコンディションでのスパ・フランコルシャンのラップタイムは約2分かかる。つまり、アウトラップ後にアタックできるチャンスは3回しかない。


 多くのドライバーは『プッシュ→クール→プッシュ』の戦略を採った。これはタイムアタックの後、一度スローダウンラップをはさんで、最後にもう一度アタックするという段取りだ。雨がいつ強くなるのかわからないため、まず1回アタックをして、その後タイヤの状態を整えてから、最後に本気のアタックを行うという作戦だ。


 この作戦は正攻法であり、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とハミルトン以外にも4番手のダニエル・リカルド(マクラーレン)、5番手のセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、6番手のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、8番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)の6人が採用した。

2021年F1第12戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)


 しかし、ラッセルはアウトラップの後、2周のウォームアップを行ってから、3周目にタイムアタックを行うという一か八かの作戦を採った。


 その理由をラッセルは「失うモノは何もない」と答えた。ラッセルとウイリアムズがそう考えた最大の要因は、前戦ハンガリーGPでの入賞だ。スタート直後の多重クラッシュを逃れたラッセルはウイリアムズのドライバーとして初入賞を果たした。もし、ラッセルがノーポイントのままスパの予選を迎えていたら、もう少し慎重な作戦を採っていたかもしれない。


 しかし、ハンガリーGPで8位に入賞していたラッセルにとっては、スパの予選で思い切った作戦を採る余裕があった。さらにQ3に進出した段階で、「僕には新品のインターミディエイトタイヤが残っていなかった」(ラッセル)ことも、1周目にタイムアタックせず、路面コンディションがよくなっていく最後に賭けるラッセルとウイリアムズの作戦がはまる要因となった。


 そして、ラッセルはインターミディエイトの1周目にアタックしてタイヤにダメージを与えず、最後のアタックで最大限の状態になるように時間をかけてウォームアップをした。さらに「最後のアタックのために、最大限のパワーを発揮するエンジンモードを温存していた」(ラッセル)こともフロントロウ獲得を助けたのだった。


 もし、ラッセルの後にタイムアタックしていたフェルスタッペンが渾身のタイムアタックを完結していなかったら、今年のベルギーGPの予選はラッセルがポールポジションを獲得していたかもしれなかった。

2021年F1第12戦ベルギーGP 予選2番手を獲得したジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP 予選2番手を獲得したジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

2021年F1第12戦ベルギーGP ラッセルの予選2番手に歓喜するウイリアムズのガレージ
2021年F1第12戦ベルギーGP ラッセルの予選2番手に歓喜するウイリアムズのガレージ

2021年F1第12戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と握手するジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と握手するジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

2021年F1第12戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)



(Masahiro Owari)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 17:30〜18:30
フリー走行2回目 21:00〜22:00
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号