F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「12位は最善の結果。シルバーストンで素晴らしい週末を過ごせた」:ウイリアムズ F1第10戦決勝

2021年7月20日

 2021年F1第10戦イギリスGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは12位、ニコラス・ラティフィは14位でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=12位

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第10戦イギリスGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 12位は今日の僕らにとって最善の結果だった。最初のスタートは蹴り出しが悪かったけど、2回目はかなりうまくいった。ただ、残念ながら、すでにいくつもポジションを失っていたんだ(注:2回目のスタートを迎えた時点で)。


 そのクルマの本当のペースは、レースで50周とか60周とか走った時に明らかになる。そして、現実的な目で見ると、僕らはまだアルファタウリ、アルピーヌ、アストンマーティンよりも少し遅い。だから、こうしたチームを相手にポジションを守るのは、どうしても難しい仕事になる。とはいえ、過去4戦ではずっとトップ12付近でレースをして、そのうち3戦ではポイントを争った。その意味では、ずいぶん進歩しているのは間違いない。


 このシルバーストンで素晴らしい週末を過ごせた。パフォーマンスの面でも、母国の観衆の応援という面でもね。すべての週末がこんな感じだといいね! 本当にありがたいことだよ。また、チームとしてもこのようなパフォーマンスを続けて、ファンに応援のしがいがあると感じてもらいたいと思う。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=14位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第10戦イギリスGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 とても暑くて、体力的にも厳しいレースだった。タイヤのマネージメントがすべてだったと言ってもいいほどで、2回ともスタートが悪かったにもかかわらず、そこから順位を上げられたのがポジティブな点だ。


 最初のスティントでは、ちょっとタイヤを大事にしすぎたかもしれない。結局、アンダーカットされるのを避けるため、早めにピットインをせざるをえなかったからだ。最後のスティントは悪くなかったものの、周囲のクルマと接近戦になり、乱れた気流の中を走らされて、順位を上げていくのは難しかった。


 全体として自分のパフォーマンスには満足しているし、与えられたパッケージでまずまずのレースをしたと思う。この週末には、ポジティブな面もいくつかあった。ハンガリーでのレースを楽しみにしているよ。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号