F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説アゼルバイジャンGP(2)フレキシブルウイングの監視が強化、シールで変形をチェック

2021年6月18日

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った変更等について解説する。第2回では、同GPで行われたフレキシブルウイングの検査を取り上げる。


────────────────────────────────


 レッドブルが不正に使っているのではと疑惑が浮上したフレキシブルウイング。ストレート走行中のドラッグ軽減のためにリヤウイングを規定以上にたわませていると、メルセデス、マクラーレンがFIAに調査を求めた問題だった。今週末のフランスGPからさらにコントロールが厳格化されることが決まったが、すでにアゼルバイジャンでもFIAは監視を強化していた。


 現行レギュレーションでは、ウイングのたわみは静止状態で測定される。各サーキットの検査場で垂直水平の2方向にリヤウイングに荷重をかけ、1度以上のたわみが出ないかを確認する。しかし静止状態では規定範囲内でも、走行中に大きくたわんでいる疑惑が出たため、FIAは今回動体検査を導入した。


 具体的にFIAは、どんな方法を取ったのか。たわみが可視化できるよう、直径1cmのシールを12枚、マシンのリヤウイングに貼らせたのだ。写真でわかるように、たとえばフェラーリのシールは緑色、レッドブルは白だった。それぞれリヤウイングのカラーリングに対応して、目立ちやすい色にしたのだろう。この状態でリヤウイングを車載カメラで撮影すれば、走行中にどれだけたわんでいるか把握できるというわけだ。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP フェラーリSF21とレッドブルRB16Bのウイングに貼られたシール
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP フェラーリSF21とレッドブルRB16Bのウイングに貼られたシール

 レッドブルはさらに初日フリー走行の際、チェッカーフラッグをかたどった独自のシールを投入した(赤丸囲み)。メルセデスとマクラーレンから最も強く疑われているからこそ、その疑惑を晴らしたいという思いだったのか。結局この2チームはレッドブルを正式に提訴することなく、アゼルバイジャンGPは無事に終了した。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号