F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ 2021年F1第4戦スペインGP レースレポート

2021年5月10日

プレスリリース
2021 スペイングランプリ 決勝

ハミルトン、ソフトとミディアムを使用した2ストップ戦略で優勝

2021年5月9日、バルセロナ

キーポイント

・メルセデスのルイス・ハミルトンが、ソフト〜ミディアム〜ミディアムと繋ぐ2ストップ戦略でレッドブルのマックス・フェルスタッペンを抜き、戦略的な闘いとなったスペイングランプリを制しました。フェルスタッペンは、P Zeroレッドソフト〜P Zeroイエロー・ミディアムによる1ストップ戦略でハミルトンを抑えようと試みていました。


・ハミルトンにオーバーテイクされた後、フェルスタッペンはソフトタイヤへ交換する2回目のピットストップを行い、ファステストラップポイントを獲得しました。2位から8位までのドライバーが、ソフト〜ミディアム〜ソフトと繋ぐ2ストッパーでした。


・9位でフィニッシュしたアルピーヌのエステバン・オコンは、1ストップ戦略を採った2名のドライバー中のひとりで、ソフトからミディアムへ交換しました。もうひとりの1ストッパーは、アルファロメオのキミ・ライコネンでした。ライコネンは、ミディアムからソフトへと交換しました。


・ウイリアムズのジョージ・ラッセルとハースの両ドライバーがハミルトンと同じ戦略を採りました。ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、ただひとりの3ストッパーでした。


・路面温度は、昨日の予選時よりも10℃ほど低い32℃、気温は26℃でした。

各コンパウンドのパフォーマンス

・ハードC1:レースでの使用はありませんでした。気温が低くなったことで、より軟らかいコンパウンドの使用が促されました。


・ミディアムC2:アルファロメオのキミ・ライコネンのみがミディアムでスタートし、37周目にソフトタイヤへ交換しました。フェルスタッペンは、第2スティントの36周をミディアムで走行しました。アルピーヌの両ドライバーがミディアムで長いスティント(フェルナンド・アロンソが40周、オコンが42周)を走行しました。


・ソフトC3:ライコネン以外の全ドライバーがソフトでスタートしました。ハミルトンとフェラーリのシャルル・ルクレールは、ソフトで28周のオープニンスティントを走行しました。

ピレリF1およびカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント

「緊迫した戦略的闘いが展開されました。アクション満載で多くのピットストップが行われたなか、トップ4がスタート時と同じ順位でフィニッシュしたことはサプライズかもしれません」


「低くなった気温がソフトとミディアムの使用を促進し、我々の予測どおり、2ストップ戦略が主流となりました。大半のドライバーがソフトでスタート後にミディアムへ交換し、戦略上の柔軟性を得ました」


「しかし、路面の粗さとタイヤに高い負荷を課すトラックの特性によって、2ストップの必要性が明らかになりました。結果的に、レースの鍵となったソフトタイヤの性能が高く評価されたと思います」

■2021年F1第4戦スペインGP レースインフォグラフィックス


2021年F1第4戦スペインGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第4戦スペインGP レースインフォグラフィックス

2021年F1第4戦スペインGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第4戦スペインGP レースインフォグラフィックス

■コンパウンド毎のラップタイム上位

・ミディアム
ルイス・ハミルトン:1分20秒665
バルテリ・ボッタス:1分21秒407
マックス・フェルスタッペン:1分21秒411


・ソフト
マックス・フェルスタッペン:1分18秒149
バルテリ・ボッタス:1分19秒430
セルジオ・ペレス:1分19秒483

■最長スティント

・ミディアムC2:エステバン・オコン 42Laps
・ソフトC3:ルイス・ハミルトン、シャルル・ルクレール、キミ・ライコネン 28Laps



(ピレリジャパン プレスリリース)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号