F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ 2021年F1第3戦ポルトガルGP レースレポート

2021年5月3日

プレスリリース
2021 ポルトガルグランプリ 決勝

ハミルトン、ミディアム〜ハードの1ストップ戦略で優勝

2021年5月2日、ポルティマン

キーポイント

・メルセデスのルイス・ハミルトンが、2位に約30秒の差をつけてポルトガルグランプリを制しました。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、37周目にP Zeroイエロー・ミディアムからP Zeroホワイト・ハードへ交換する1ストップ戦略を採りました。


・2位を獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンと、3位でフィニッシュしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、ハミルトンと同様の戦略で走行していましたが、レース終盤にファステストラップポイントを狙ってP Zeroレッド・ソフトへ交換しました。結果的には、トラックリミット違反によってフェルスタッペンのファイナルラップの記録が削除されたため、ボッタスがファステストラップポイントを獲得しました。


・もうひとりの2ストッパーは、ハースのニキータ・マゼピンでした。マゼピンも全3種類のコンパウンドを使用しました。


・4番グリッドからスタートしたレッドブルのセルジオ・ペレスは、ラスト15周時点でミディアムからソフトへ交換する戦略で4位を獲得しました。


・ソフトでスタートしたドライバー中の最上位ドライバーは、マクラーレンのランド・ノリスでした。7番グリッドからスタートしたノリスは、ソフト〜ミディアムと繋ぐ戦略で5位フィニッシュしました。


・昨日までよりも温暖な天候となり、最高気温22℃、最高路面温度40℃のコンディションでした。

各コンパウンドのパフォーマンス

・ハードC2:このタイヤの適性を発揮することが難しい気温13℃、路面温度18℃のコンディション下、レースでの使用機会はありませんでした。


・ハードC1:多くのドライバーが第2スティントでハードを使用し、レースでの成功への鍵のひとつになりました。コンディションが温暖になったことで、ハードタイヤは、性能を損なうことなく、トラックの厳しさに対してより完璧に適応していました。


・ミディアムC2:表彰台に上ったドライバーを含む大半のドライバーがミディアムでスタートしました。ハミルトンがピットストップ直前にファステストラップを記録するなど、ミディアムは優れたスピードと耐久性を示しました。16番グリッドからスタートしたマクラーレンのダニエル・リカルドは、ミディアムで長いオープニングスティントを走行し、ポイント圏内でフィニッシュしました。レッドブルのセルジオ・ペレスもミディアムで長いオープニングスティントを走行し、51周目時点でトップを走行していました。ペレスが使用したミディアムタイヤは、予選で6周を走行済みのものでした。


・ソフトC4:トップ10グリッド中の5名を含む7名のドライバーがソフトでスタートしました。高い気温によって、より硬いコンパウンドの使用が多くなるなか、アストンマーティンのランス・ストロールは、ソフトでレースの3分の2近くを走行しました。レース終盤、ボッタスがソフトタイヤでファステストラップを記録しました。

ピレリF1およびカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント

「昨日までよりも暖かい天候が軟らかいコンパウンドの摩耗を加速させたことで、ドライバーたちは、タイヤマネジメントにより注力する必要がありました。また、路面の改善によってグリップが増したこともあり、ハードコンパウンドの使用が促進されました。全3種類のコンパウンドは、それぞれ異なる理由で際立っていました」


「ハードタイヤは、今日のコンディション下、完璧なレースで優勝したルイス・ハミルトンを含む多くのドライバーがファイナルスティントで使用し、レースの鍵となりました。ソフトタイヤは、予測どおり主に短いオープニングスティントでの使用に限定されましたが、ランス・ストロールは40周近くをソフトで走行しました。また、セルジオ・ペレスは、非常に長いスティントをミディアムで走行し、独自の効果的な戦略を実行しました」

■2021年F1第3戦ポルトガルGP レースインフォグラフィックス


2021年F1第3戦ポルトガルGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第3戦ポルトガルGP レースインフォグラフィックス

2021年F1第3戦ポルトガルGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第3戦ポルトガルGP レースインフォグラフィックス

■コンパウンド毎のラップタイム上位

・ハード
マックス・フェルスタッペン:1分20秒695
ルイス・ハミルトン:1分20秒933
バルテリ・ボッタス:1分20秒967


・ミディアム
ルイス・ハミルトン:1分21秒613
ランド・ノリス:1分21秒696
セルジオ・ペレス:1分21秒728


・ソフト
バルテリ・ボッタス:1分19秒865
セルジオ・ペレス:1分20秒643
ランス・ストロール:1分22秒807

■最長スティント

・ハードC1:角田裕毅、エステバン・オコン 44Laps
・ミディアムC2:セルジオ・ペレス 36Laps
・ソフトC3:ランス・ストロール 39Laps



(ピレリジャパン プレスリリース)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号