F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリPUのパフォーマンス向上に期待。アルファロメオF1代表「問題の大部分は解決するはず」

2021年2月24日

 2021年のフェラーリのパワーユニット(PU)は、昨年のものよりもはるかにパワーを備えている。これはフェラーリ上層部と、カスタマーチームのアルファロメオやハースにとって良いニュースだ。


 昨年この3チームはすべて、レースにおいて競争力を発揮することに苦戦していた。この状況は2019年とはまったく対照的だった。2019年、フェラーリのドライバーであるシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルは、合計で3回の優勝と15回の表彰台フィニッシュを飾った。翻って2020年は優勝はなく、表彰台フィニッシュが3回あっただけだった。

2020年F1第14戦トルコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3位表彰台を獲得
2020年F1第14戦トルコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3位表彰台を獲得


 問題だったのは、FIAが2019年末にパワーユニットレギュレーションを明確化したことだ。そのためフェラーリは2020年仕様のエンジンを大幅に変更せざるを得なかった。その結果として、非力なパワーユニットとなった。


 しかしオフシーズン中のフェラーリの懸命な作業によって、2021年には3チームすべてにはるかに優れたパワーユニットがもたらされることになる。フェラーリはダイナモでのパワーユニットテストから得られた有望なデータを報告した。


「フェラーリとの協業は非常に順調に進んでいると思う」とアルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは語った。


「非常に実のあるミーティングを行った。冬の間に長いミーティングを行い、昨年完璧な仕事ができていなかった点を網羅した」


「我々は良い方向へ進んでいる。彼らの側では、昨年の問題の大部分を解決するだろう。協業関係はますます良くなっている」


 しかし、アルファロメオとフェラーリとの協業は、フェラーリからできるだけ多くの部品やコンポーネントを購入しているハースと同じではなく、異なるものだ。


「彼らのマシンからそれほど多くのものを取り入れることはない。おそらくひとつかふたつの要素で、それ以上ではない」


「だがそれはコラボレーションの重要なポイントではないと考えている。コラボレーションの重要なポイントは、お互いから学ぶことができると確信することだ。レギュレーションの範囲内で、我々は試していかねばならないし、できるかぎり最高の仕事を行う必要がある」

アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』
アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』



(Grandprix.com)




レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号