F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、2021年初の18インチタイヤ開発テストを実施。ルクレールが110周を走行

2021年2月23日

 F1公式タイヤサプサイヤーのピレリは、2月22日、スクーデリア・フェラーリが2022年用18インチタイヤのテストを行ったことを明らかにした。


 2022年、F1の技術レギュレーションが大幅に変更され、次世代マシンが導入される。そのタイミングで、現在13インチに定められているホイール径が18インチへと変えられることも決まっている。


 ピレリは今年初めての18インチタイヤのテストをフェラーリが実施したことを明らかにした。スペイン・ヘレスでシャルル・ルクレールが走行したということだ。


「我々の18インチ(タイヤの)テストがシャルル・ルクレールとスクーデリア・フェラーリによって目下進行中だ」とピレリはSNSを通してコメントした。


「本日、スペインのヘレス・サーキットで2022年用プロトタイプのインターミディエイトタイヤで110周の走行が行われた。明日も走行を続ける」


 ピレリはチームの協力のもと、2019年からコース上で18インチタイヤのテストをスタートし、メルセデス、マクラーレン、ルノー、フェラーリが走行を行った。フェラーリは2020年2月にこのタイヤテストを行った際に、モディファイした2019年型SF90を使用している。

マクラーレンのサインツが18インチF1タイヤのテスト
マクラーレンのサインツが18インチF1タイヤのテスト

 2020年にはパンデミックにより、タイヤテストを当初の予定どおり実行することができなかったため、FIAは、2021年にはテストの日数を25日から30日に拡大することを認めた。



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号