F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン3位で2回目の表彰台「車を直してくれた皆にお返しができた」レッドブル・ホンダ【F1第15戦】

2020年11月30日

 2020年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは3位を獲得した。


 アルボンはミディアムタイヤで4番グリッドからスタート。オープニングラップでロマン・グロージャン(ハース)がコースオフし、高速でバリアに衝突するというアクシデントがあった。幸いグロージャンは自力でマシンから脱出できたが、この事故により赤旗が掲示され、レースは1時間以上中断となった。


 再スタートはスタンディング方式で、赤旗が示された際の順位がグリッドに採用され、アルボンは5番グリッドからミディアムタイヤでスタートした。19周目に再びミディアム、34周目にハードに交換して57周のレースを走行、ほぼ一貫して4番手を走行していたが、終盤、3番手を走行していたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)がリタイアしたことにより、3位に繰り上がった。


 アルボンにとってF1表彰台は2020年トスカーナGPに続く2回目。

2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)の3位獲得を喜ぶチームメンバーたち
2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)の3位獲得を喜ぶチームメンバーたち

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 決勝=3位
 もちろん今日は多少運がよかったのは確かだ。セルジオは素晴らしいレースをしていた。でも、前で何か起きたときにはそれをアドバンテージにできるような位置を走っていたことが重要だ。実際にそのとおりのことを実行できたので、とても満足だよ。


 チームから、セルジオはエンジントラブルを抱えているかもしれないと言われ、最初に思ったのは「彼のマシンからオイルが漏れて、それに直撃されるのはごめんだな」ということだった。それで念のためにラインを外して走り、すべてがうまくいった。


 金曜に(クラッシュをして)マシンが大きなダメージを負った後、チームの皆が頑張って土曜の走行にマシンを間に合わせてくれた。こういう形で彼らにお返しをすることができてうれしい。


 ペースの面で僕にとっていい週末だった。こういう結果になってとてもうれしいよ。ここまでの数戦、必ずしも結果に表れていなくても、実際には向上しつつあった。今週末、また一歩前進することができてよかった。


 来週は違うレイアウトでレースをする。とはいえ似た部分は多いから、今回のようなパフォーマンスを見せることができればいいね。


 パドックの他の人達と同じく、事故に遭ったロマンがマシンから歩いて出てきたのを見てものすごくほっとした。後から見てもあのシーンはショッキングだ。セーフティチームは素晴らしい仕事をしてくれたと思う。



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号