F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、育成ドライバーのビップスをトルコGPのリザーブに起用。F1テスト&スーパーライセンス取得済み

2020年11月12日

 レッドブル・レーシングは、11月13日から15日に開催される2020年F1第14戦トルコGPのリザーブドライバーとして、ジュニアドライバーのユーリ・ビップスを起用することを明らかにした。


 エストニア出身20歳のビップスは、2017年にADAC F4選手権でチャンピオンになった後、2018年と2019年にヨーロピアンF3選手権/FIA-F3選手権に参戦、ランキング4位を獲得した。2020年には全日本スーパーフォーミュラ選手権にTEAM MUGENからフル参戦する予定となっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来日することができず、8月から、負傷したショーン・ゲラエルの代役としてDAMSからFIA-F2選手権に出場している。

2020年FIA-F2ムジェロ・スプリントレースで3位を獲得したユーリ・ビップス
2020年FIA-F2ムジェロ・スプリントレースで3位を獲得したユーリ・ビップス

 トルコGPを前にした12日木曜、レッドブルは、ビップスがF1カーで300kmの距離を走り、FIAスーパーライセンスを取得したこと、トルコGPではレッドブルとアルファタウリのリザーブドライバーを務めることを、SNSを通して発表した。


 これまでリザーブドライバーの役割を担ってきたセバスチャン・ブエミとセルジオ・セッテ・カマラはこの週末、レースに出場する予定があるためと、チームは説明している。



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号