F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

英国人ジャーナリストのF1取材日記/オーストリア:近くて遠いドライバーたち。コロナ検査がもたらす密かな楽しみ

2020年7月9日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年F1の開幕は大幅に遅れたが、7月3日から5日のオーストリアGPでようやくシーズンがスタートした。当面無観客で、現地に入る関係者の人数を大幅に減らしての開催となる。現地取材を許された数少ないジャーナリストのひとり、クリス・メッドランド氏が、多数の制限のなかでどのようにサーキットで過ごし、ドライバーなどチーム関係者の取材を行ったのか、異例の週末の様子を写真とともに紹介する。


──────────────────────────────

2020年F1第1戦オーストリア レッドブルリンク近くに設置されたファンを歓迎する看板
2020年F1第1戦オーストリア レッドブルリンク近くに設置されたファンを歓迎する看板

初めて無観客での開催となったF1だが、開幕戦の舞台レッドブルリンク周辺の看板は例年どおり。ファンを歓迎する文字が記されているのを見ると、もの悲しい気持ちになる。
    
    
    

2020年F1第1戦オーストリア サーキット入口に表示された注意事項
2020年F1第1戦オーストリア サーキット入口に表示された注意事項

チーム関係者、ドライバー、メディアがサーキットに着いた時に一番最初にするのは、体温測定を受けることと、手の消毒だ。そして互いに2メートルの距離を保つよう、念押しされる。
    
    
    

2020年F1第1戦オーストリア サーキットビル内のルートを示す人形
2020年F1第1戦オーストリア サーキットビル内のルートを示す人形

サーキットビルディングなど一部建物のなかでは、ソーシャルディスタンスを維持するため、一方向のルートが定められている。
    
    
    

2020年F1第1戦オーストリア アレクサンダー・アルボンへのリモートインタビュー
2020年F1第1戦オーストリア アレクサンダー・アルボンへのリモートインタビュー

ドライバーへの1対1のインタビューはこんな感じで行う。パドックに入れるのはテレビメディアのみなので、ドライバーたちはWeb会議システムを通して他のメディアへの対応を行った。


    
        
        
トップ3会見の様子もこれまでとは異なる。ドライバー同士は2メートルの距離を取らなければならず、記者会見場に入れるのは司会者、TVカメラマン、サウンドエンジニア、フォトグラファーがひとりずつで、ジャーナリストたちの入室は許されなかった。
    
    
        
ジャーナリストたちは常にメディアセンターに閉じこもっている状態。グループ記者会見の際には別室に移動し、周囲を気にすることなく質問する。
    
    
        
フォトグラファーの移動範囲も制限され、入れるスポットは約20カ所。ピットレーンには入れないため、メディアセンターの窓際が撮影のベストスポットのひとつといわれていた。
    
    
        
メディアセンターからはスターティンググリッドとピットが見渡せるので、決勝スタートを見るには完璧な場所だ。
    
    
        
大勢で一緒に食事をとることは許されない。そのために、ひとり分かふたり分のテーブルが距離をとって設置されていた。
    
    
        
サーキットを訪れる全員が定期的に(最低でも5日に1回)Covid-19の検査を受けなければならない。だが検査に行く時にひとつ、いいことがある。この時だけは、メディアセンターの外に出て、パドックの近くを通ることができるのだ。



(Chris Medland)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号