F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第1戦オーストリアGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表

2020年7月6日

 F1第1戦オーストリアGP決勝レースを観戦したファンの投票による『ドライバー・オブ・ザ・デー』と、最速ラップを叩き出したドライバーに贈られる『DHLファステストラップ・アワード』、最速のピットストップ作業を行ったチームに与えられる『DHLファステスト・ピットストップ・アワード』の受賞者が決定した。


 今回ドライバー・オブ・ザ・デーに選ばれたのは、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボン。4番グリッドからソフトタイヤでスタートしたアルボンは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンのリタイア後、メルセデス勢に続く3番手を走行。26周目にハードタイヤへとスイッチした。


 50周目のセーフティカー導入の際にチームはアルボンのタイヤ交換を決断。ソフトにチェンジして4番手でコースに復帰すると、3番手のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)をオーバーテイクしてみせる。


 2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)を追うアルボンだったが、再びセーフティカーが導入。そのリスタート後のターン3でハミルトンにアウトからオーバーテイクを仕掛けたが両者接触、アルボンはスピンを喫し最後尾まで後退してしまう。その数周後、アルボンはトラブルによりマシンをコース脇にとめ13位完走扱いとなった。

2020年F1第1戦オーストリアGPでドライバー・オブ・ザ・デーを獲得したアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第1戦オーストリアGPでドライバー・オブ・ザ・デーを獲得したアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


 DHLファステストラップ・アワードを受賞したのは、3位表彰台を獲得したマクラーレンのランド・ノリスだ。ノリスはレース終盤4番手を走行していたが、アルボンと接触したハミルトンに5秒のタイム加算ペナルティが科されるため、ファイナルラップを全力で走行。


 その結果、1分07秒475というタイムを記録し見事ファステストラップを更新、2番手ハミルトンから5秒以内となる4.802秒差でフィニッシュしたノリスは自身初となる3位表彰台を獲得した。


ランド・ノリス(マクラーレン)
2020年F1第1戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 DHLファステスト・ピットストップ・アワードはレッドブル・ホンダが獲得し、アルボンを2.35秒でコースに送り出している。2位には2.44秒でジョージ・ラッセルのウイリアムズ、3位にはハミルトンのメルセデスが2.52秒で続いている。



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編