F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

イモラ・サーキットがイタリアでの2戦目開催に名乗り。F1ライセンス更新を発表

2020年6月14日

 イタリアのイモラ・サーキットが、F1開催に必要なFIAのグレード1ライセンスを更新、2020年にグランプリを開催する意思があることを示した。F1はヨーロッパで開催するグランプリを増やすことを検討しており、イモラは候補のひとつであると考えられている。


 アウトドローモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリはイタリアのボローニャ近郊にあり、1980年にはイタリアGP、1981年から2006年にはサンマリノGPが開催された。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、カレンダー変更を強いられているF1は、7月初めから9月初めの序盤8戦のスケジュールを決めた後、続くグランプリとその開催地について検討を続けている。


 イモラのグレード1ライセンスは今週期限が切れるところだったが、オーナーたちはこれを更新し、F1開催への道を切り開いた。


「ライセンスを更新し、FIAから要求されたすべての基準を満たしたことで、我々もF1グランプリを開催できる状況にある」とイモラ会長のウベルト・セルバティコは語った。


「サーキット施設と地域のチームワークにより、この夢が実現することを願っている」


 9月6日にはモンツァでイタリアGPが開催されることになっており、イモラはその次戦の会場として理想的であると考えられる。


 一方で、フェラーリが所有するムジェロ・サーキットも、モンツァ戦の翌週の会場候補となっている。しかしタスカン・ヒルズにあるムジェロは、これまでF1を開催したことはない。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号