F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ノリスがパジェノーの“妨害”に怒り「彼はインディカードライバー以外が勝つことが許せなかった」

2020年5月4日

 バーチャルレース、インディカーiRacingチャレンジ最終戦でシモン・パジェノーとのクラッシュにより優勝のチャンスを失ったランド・ノリスは、パジェノーは自分を勝たせたくないがために、故意に妨害したとして、怒りを示した。


 初参戦のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで優勝したノリスは、インディアナポリス・モータースピードウェイでのレースを最前列からスタート、残り4周の時点でトップに立った。しかし、すでに戦いから脱落したパジェノーがコースに復帰し、レーシングライン上で減速、ノリスはそこに追突する形でリードを失った。


 アクシデントの直前、ライブストリームにおいてパジェノーがレースエンジニアとの会話のなかで「ランドをやっつけるぞ。やってやろう」と話していた。
 パジェノーは後に、「ピットに入ろうとしていた。そういうつもりはなかった」と述べている。


 ノリスは、クラッシュ後に笑顔を見せる余裕を見せながらも、「彼はうそつきだ」と言った。「やってくれるよね。最高だ。なんて負け方だ」


 レース後、パジェノーと話し、謝罪を受けたと言うが、ノリスは納得していない。
「ピットに入ろうとしたんだそうだ。彼は僕を抑えつけようと思った。彼としては(ノリスのチームメイトのオリバー・)アスキューに勝ってほしかった。僕には勝ってほしくなかったんだ」


「それで、僕を少し抑えようとした。ピットに入ろうとしていて、僕を弾き飛ばすつもりはなかった。コーナーの真ん中で、僕を抑えつけようとして、僕の目の前で減速した。ただそれだけってわけだ」


「このコースのために僕がどれだけの時間を費やしたか分かる? 合計すると丸一日は使ったと思う。ストレートから左に曲がる部分を完璧にやるために24時間は練習した」


「単なるゲームじゃないかと言う人もいるだろう。でも僕だけでなくエンジニアや戦略面でサポートしてくれる人たちも一緒に頑張った。彼らは家族と過ごす時間を削って、このレースに参加し、楽しんで、そして勝つために一生懸命やったんだ。なのに自分勝手な人たちは、そういうことは全く気にしない」


「彼は、インディカードライバーでないドライバーがインディカーレースに勝ちそうなことを快く思わなかった。それでこんな風に台無しになった」


 同じイギリス出身で、F1からインディカーに転向したマックス・チルトンは、ノリスの怒りに理解を示している。


「インディカーの悪い面が出てしまったようで残念だ」とチルトンはTwitterで発言した。
「彼のスポッターは、ランドがしたことは現実には起きやしないと言った。でも、現実に起きないのは、ドライバーがレースのリーダーを故意にフェンスに押しやるために、ピットから出ていくことだ。ランド、これは君のレースだった」



(autosport web)




レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号