F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サウジアラビアの石油会社『アラムコ』がF1のグローバルパートナーに。グランプリ開催に前進か

2020年3月11日

 3月10日(火)、F1はサウジアラビアの国営石油会社『アラムコ』との長期にわたる新たなグローバルスポンサーシップ契約を締結したと発表した。


 この契約によりサウジアラムコは、DHL、エミレーツ航空、ハイネケン、ピレリそしてロレックスという広く知られたスポンサーとともに、F1の6番目のグローバルパートナーとなる。


 公式サイトに発表された声明のなかでF1は、アラムコが『ダイナミックな魅力と成長する世界的ファン層』を理由にモータースポーツの最高峰であるF1を選び、さらにF1の国際的基盤は巨大な石油とガス産出企業であるアラムコを『5億人のファンからなる熱心な観客と結びつけ、そのサクセスストーリーを世界へよりよく伝えることができる』と述べている。


 世界のビジネス事情に少しでも通じている人ならば、温室効果に世界で最大の影響を与える企業のひとつとF1とのパートナーシップに、衝撃を受けたかもしれない。巨大国営企業であるアラムコとF1の契約は、F1が2030年までに二酸化炭素排出量を事実上ゼロにする包括的な持続可能性プランとグリーンキャンペーンを発表したわずか数カ月後に発表されたのだ。


 化石燃料の時代はゆっくりと、しかし確実に遠のきつつある。評判の観点からも、F1のビジネス面におけるこの行動を、破壊的とまでは言わずとも時代にそぐわないと見る向きもあるだろう。だがF1のCEOであるチェイス・キャリーはこの機会について、アラムコのエネルギー分野における『技術革新』から恩恵を得ることができると考えている。


「2020年シーズンをスタートするにあたり、長期的なグローバルパートナーとしてアラムコをF1ファミリーに迎えることができて嬉しく思う」とチェイス・キャリーは述べた。


「我々の専門知識を組み合わせて共有し、技術革新に関してアラムコと協力していくことを期待している。彼らの燃料とエネルギー分野における可能性と専門知識から我々は大きな恩恵を受けるだろう」


 F1におけるアラムコの存在は、サウジアラビアGPの実現が近いことを示唆している。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号