F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レーシングポイントF1ボス、“ピンクのメルセデス”と批判するライバルに反発「自分自身のパフォーマンスに不満なだけ」

2020年3月3日

 レーシングポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、2020年型マシンのデザインは「完全に合法」であり、ライバルたちがRP20を批判するのは間違ったことであると主張した。


 RP20はプレシーズンテストにおいて大きな注目を集めた。レーシングポイントは、メルセデスがタイトルを獲得した2019年型マシンW10の空力フィロソフィーを模倣、そのRP20はW10の単なるレプリカであるとライバルの数チームは考えている。


 プレシーズンテストにおけるレーシングポイントの印象的なパフォーマンスは、議論をさらに白熱させることとなった。しかしグリーンは、メルセデスのW10にインスピレーションを受けて、デザイン哲学をなぞった点について、やましい点は何もないと語った。


「彼らが何に対して不満を言っているのか分からない」とグリーンは『Crash.net』に述べている。


「我々のしたことは完全に合法だ。我々は、ルールとして記載されていることに従ってレースをする。それがこの競技の考え方なんだ。一式のルールを与えられて、それに従ってできる限り速く走る。それが我々のしていることだ」


「我々が行く道を、我々の知る由もない理由で他のチームが避けたとしても、それは彼らの判断なのだ」


「我々とまったく同じことをする機会は彼らにもあった。しかし彼らはそうしないことを選んだ。その理由を私は知らない」

2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

 レーシングポイントはメルセデスのパワーユニットを搭載、その他にも規則の範囲内でメルセデスのパーツをいくつか使用している。


「これは我々が長い間にわたってやりたいと思ってきたことだが、予算がなかった。我々にとっては、100パーセント自然なアプローチだ」とグリーンはプレシーズンテストが行われたバルセロナにおいてコメントした。


「人々が我々のことを話していたり、不満を漏らしていることは、私にとっては励みになる出来事だ。我々が本当に良いことをしていることの証だからね。だから満足している」


「もし最下位に沈んでいたなら、我々がしていることについて誰も話題にしないだろう」


 グリーンは、批判的な発言をするライバルチームは「自分たちが目指していたようないい仕事ができなかった」ためにレーシングポイントを攻撃するのだと語った。


「彼らの苛立ちは自分たち自身に対するものに思える。自分たちはあまりいい仕事ができなかったという感じなのだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号