F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス製パワーユニットのトラブルに悩まされたウイリアムズF1「開幕までに解決してくれると信じている」

2020年3月3日

 2020年F1プレシーズンテスト中、ウイリアムズF1チームが搭載するメルセデス製パワーユニット(PU/エンジン)にトラブルが複数回発生し、ドライバーがマシンをとめるシーンがあったが、テスト最終日にも問題が発生していたことが分かった。


 テスト1最終日とテスト2の初日、ニコラス・ラティフィはパワーユニットのトラブルにより、コース脇でマシンをとめた。ジョージ・ラッセルは、テスト6日目最終日にも問題が起きていたと、後に明かした。


「午後にエンジンに小さな問題が発生した」とラッセルはCrash.netに対して語った。


「おかしな音がして、パワーが落ちていった。公式に発表されたのかどうか知らないけど。レースシミュレーションを2回する予定だったが、1回半しかできなかった」

2020年F1バルセロナテストでのジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2020年F1バルセロナテストでのジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 メルセデスワークスチームも、プレシーズンテスト中にパワーユニットの問題に見舞われている。しかしラッセルは、メルセデスのパワーユニット部門が、開幕戦オーストラリアGPまでに問題を解決するはずであり、心配はしていないと語った。


「メルセデスは(テストで)限界までプッシュしているんだ。ファクトリーに戻って、すべてのデータを確認するはずだよ」


「僕のやるべきことはマシンに乗り込んで走ることであり、この(パワーユニットの)問題はメルセデスの人たちの仕事だ。理想的な状況ではなかったが、時にはこういうこともある」


 ウイリアムズのチーム副代表クレア・ウイリアムズは「(パワーユニット部門の)メルセデス・ハイパフォーマンス・パワートレインズが、レースが始まる前に問題を解決してくれると信じています」とコメントした。


「私たちは忙しいプログラムを組み、やるべき作業がたくさんあったので、(問題が起きたのは)少し残念でした」


「思っていたほどの走行距離を走れなかったことは残念です。メルボルンに向けて最善の準備ができなかったことになりますから」


 一方でクレアは、ウイリアムズは2019年より進歩を遂げたという感触を持っており、「マシンは昨年型よりよさそうですし、今後もマシンを改善し続けます。オーストラリアで走るのが楽しみです」と語っている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号