F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【津川哲夫のF1新車初見チェック】久しぶりに大胆に攻めたエアロ。ルノー体制変更でワークスの意地見せるか

2020年2月24日

 ルノーの新車RS20は久しぶりに大きく姿を変えることになった。ただし、姿、外装のエアロ面に限っての話だ。目立つのはノーズ、トレンディなナローノーズ。そして巨大なイカヒレフラップはメルセデスから発祥の今シーズンのトレンドだが、その前後長はイカヒレ採用チームのなかでも最長かもしれない。


 下面後部をNACAダクト(NACA:アメリカ航空諮問委員会)風の処理(三角形で上から見ると後ろに行くにつれて横幅が増える形状)で、ディフューザー化を計っている。これで床下エアロ、フロアポッドサイドエアロへの空気流を確保。車体は昨年からの進化型だが、このノーズ、ルノーエアロが時折送り出してくる若干過激なデザインだ。


 RS20もRS19から受け継いだレーキ角の強いエアロコンセプトのマシン。フロント周りの大きな変更でこのレーキエアロ効率をどこまで上げるかが勝負どころとなる。特に大きなダウンフォースの安定性が求められているが、RS20のエアロ開発が果たしてこの欲求を満たせるかが注目どころだ。


 また、パフォーマンス自体としてはそれほどライバルに劣ることはなかったのだが、昨年はとにかく信頼性に苦しんだルノーPU。今シーズンのRE20パワーユニットはこの信頼性を確保できただろうか。特にERS(エネルギー・リカバリーシステム)の信頼性の確保は2021年以降も重要な技術になるだけに開発は欠かせない。


 今シーズンはワークスルノーの正念場で、カスタマーチーム・マクラーレンの後塵を浴びるわけにはいかない。現在、ルノーにとっての最大のライバルがマクラーレンなのだ。


 打倒マクラーレンに向けて今季は組織を大きく変更、ベテラン、パット・フライをTD(テクニカルディレクター)に招聘して、21年に向けてチームの再構築を計っている。


 今シーズンは現行レギュレーション最後の年、RS20はその集大成のはずだが、果たしてマクラーレンを下してトップ4の位置に食い入ることができるか……ワークスルノーのRS20への期待は大きい。

2020年F1第1回バルセロナテスト3日目 エステバン・オコン(ルノー)
エステバン・オコン(ルノー)


2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:エステバン・オコン(ルノー)
2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:エステバン・オコン(ルノー)


(Tetsuo Tsugawa)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号