F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、F1タイトル6度獲得もナイト爵の受勲ならず

2020年1月6日

 ルイス・ハミルトンは2019年にF1で自身6度目のタイトルを獲得したが、イギリスにおける2020年新年の叙勲対象に選ばれなかった。


 イギリスの叙勲方式の一部として、新年に騎士団の新たなメンバーと、その他の公式な爵位の叙勲者が発表される。


 これら爵位のなかでも最も栄誉あるのはナイト爵であり、ルイス・ハミルトンが叙勲された場合、「サー・ルイス」と呼ばれることになる。しかし、6度のF1タイトルを獲得して史上2番目に成功したF1ドライバーになったものの、ハミルトンの名前は2020年の叙勲リストに載っていなかった。


 ハミルトンがモナコに居住していることや、彼の納税方式がネガティブな要因となっているのではないかという議論が、イギリス国内ではソーシャルメディア上でしばしば議論されている。


「私はモータースポーツが特権的なスポーツだと見なされているのではないかと懸念している。多くの人々からは、反社会的スポーツであるとさえ考えられているかもしれない」と1996年のF1世界チャンピオンのデイモン・ヒルは語った。


「しかしながら、長年ルイス・ハミルトンとF1がイギリスのために世界中で貢献してきたことを見過ごすのは間違っていると思う」


 レーシングドライバーでナイト爵を受けたのは、ジャック・ブラバム、ジャッキー・スチュワート、スターリング・モスだ。だが彼らは全員、引退後にナイト爵を叙勲されている。そのため、ハミルトンもF1キャリアを終えた後に、この栄誉に浴することになるのかもしれない。


 一方で、プロテニスプレイヤーのアンディ・マリー、陸上競技選手のモハメド・ファラー、自転車競技選手のブラッドリー・ウィギンス、クリケット選手のアラステア・クックらは、現役中にナイト爵を叙勲している。



(grandprix.com)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号