F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ブリアトーレ、フェラーリF1が集中すべきは「ハミルトンの獲得ではなくマシン開発」と助言

2020年1月5日

 フラビオ・ブリアトーレは、フェラーリはマシン開発の改善に集中するべきであり、6度の世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンの勧誘については忘れるべきだと語った。


 フェラーリの上層部はごく最近、ハミルトンに会っている。CEOであるルイ・カミッレーリはそのことを重要視してはいないものの、多くの人々が今年末で契約が終了するハミルトンに対し、フェラーリが動いているのではないかと考えている。


 フェラーリはメルセデスF1チーム代表であるトト・ウォルフの移籍先になる可能性もあるが、彼は他チームへの移籍を否定した。


 しかしブリアトーレは、フェラーリは優先順位を間違えてはならないと考えている。


「2021年にハミルトンがフェラーリに? 彼かシャルル・ルクレールだったら、私はルクレールを取るだろう。コストもそのほうが安くすむ」と華やかな経歴を持つ元ルノーF1チーム代表のブリアトーレは、イタリアの放送局『RAI』に語った。


「トト・ウォルフが2021年にフェラーリに行くと? 彼はメルセデスの株主だ。他のチームに雇用されて働くなど意味が分からない。それに、それでは問題の解決にはならない」


「フェラーリにはリーダーが必要だ。重要なのはマシンだ」


 また、ブリアトーレはルノーについて、報われることがほとんどないにもかかわらず、ドライバーに大金をばらまく典型的なケースであると指摘した。


「たとえばルノーは(ダニエル・)リカルドに対し大金を払ったが、マシン開発に投資したほうが良かっただろう」


「フェラーリは、メルセデスとの差が0.05秒のマシンを手に入れる努力をするべきだ。そのうえでドライバーが違いを生むんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン400
2位セルジオ・ペレス223
3位ルイス・ハミルトン190
4位フェルナンド・アロンソ174
5位カルロス・サインツ150
6位シャルル・ルクレール135
7位ランド・ノリス115
8位ジョージ・ラッセル115
9位オスカー・ピアストリ57
10位ランス・ストロール47

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング623
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム305
3位スクーデリア・フェラーリ285
4位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム221
5位マクラーレンF1チーム172
6位BWTアルピーヌF1チーム84
7位ウイリアムズ・レーシング21
8位マネーグラム・ハースF1チーム12
9位アルファロメオF1チーム・ステーク10
10位スクーデリア・アルファタウリ5

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第17戦日本GP 9/24
第18戦カタールGP 10/8
第19戦アメリカGP 10/22
第20戦メキシコGP 10/29
第21戦ブラジルGP 11/5
  • 最新刊
  • F1速報

    第14戦オランダGP&第15戦イタリアGP 合併号