F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダのF1活動継続が決定。2021年に向け、レッドブル&トロロッソとのPU契約を延長

2019年11月27日

 ホンダF1が、2021年に向けて、レッドブル・レーシングおよびスクーデリア・トロロッソとのパワーユニット供給契約を延長したことが明らかになった。


 2019年F1最終戦アブダビGP直前の27日、レッドブルとトロロッソは、ホンダとの契約を延長し、2021年にもホンダのパワーユニットを搭載してF1を戦うと、SNSを通して発表した。


 現契約は2020年末までだったため、2021年以降のホンダのF1活動について注目が集まっていた。ホンダは「2021年もレッドブルとトロロッソにパワーユニットを供給することに決まりました」「これからも一緒にもっと上を目指します」とコメントしている。

2019年F1第20戦ブラジルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

 ホンダは2015年、マクラーレンのパワーユニットパートナーとしてF1に復帰したが、低迷が続き、2017年末で契約を終了した。代わって2018年からトロロッソと契約、2019年からは姉妹チームのレッドブルにもパワーユニットを供給し、F1活動を続けてきた。


 レッドブルとの提携をスタートした2019年は非常にスムーズに進み、第20戦終了時点でレッドブルは3勝を挙げ、チーム首脳陣やマックス・フェルスタッペンはホンダの進歩に満足していると発言。一方のトロロッソも、ダニール・クビアトとピエール・ガスリーがそれぞれ表彰台を獲得している。


 レッドブル・ホンダは2019年にメルセデスとフェラーリに続くコンストラクターズ選手権3位を獲得。2020年にはタイトルを目指し、強豪2チームに本格的に挑んでいくことになる。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号