F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン、ハミルトンとの接触で初表彰台ならず「2位は難しくても3位は堅いと思っていた」:レッドブル・ホンダF1

2019年11月18日

 2019年F1ブラジルGP決勝で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは14位だった。


 5番グリッドからソフトタイヤでスタート、24周目にミディアムに、50周目にソフトに交換して走った。


 レース序盤は5番手を守って走行、終盤にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抜いて3番手に浮上した。最後のセーフティカー出動時にルイス・ハミルトンがピットインしたことで2番手に上がり、ハミルトンとのバトルになったが、オーバーテイクを仕掛けてきたハミルトンに接触されてポジションダウン、F1初表彰台のチャンスを失った。アルボンは15番手でフィニッシュしたが、その後、他車のペナルティで14位に繰り上がった。


 レース後、ハミルトンは接触の原因は完全に自分にあるとして、アルボンへの謝罪の言葉を口にした。その後、スチュワードは、ターン10での接触の責任の大部分がハミルトンにあると判断し、5秒加算のペナルティを科した。

2019年F1第20戦ブラジルGP ポジションを争うアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第20戦ブラジルGP ポジションを争うアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 決勝=14位
 もちろん悔しいが、怒ってはいない。ただがっかりしている。表彰台に上りたかった。それに値する仕事をしていたからね。


 セーフティカー後のリスタートは楽しかったよ。フェラーリ勢とバトルをした。あのオーバーテイクは気持ちよかったね!


 ルイスはタイヤ交換直後だったからグリップがよかった。どっちみちターン1入口で抜かれていたと思う。最悪それでも3位にはなれると思っていた。


 あの時、ルイスとの間にはある程度ギャップがあったので、心配していなかった。彼をカバーするためにコーナーに深く入っていったら、ブラインドスポットがあって、接触が起きた。


 もちろん彼は故意にやったわけじゃない。レースでは時には起こることで、意図したことではない。
 もう終わったことだから、次のレースを迎える前に、ポジティブな要素に気持ちを集中させていきたい。


 マックス(・フェルスタッペン)、おめでとう。優勝にふさわしい、とてもいい走りをしたね。



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号