F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、2019年型マクラーレンの開発に“実験的作業”で貢献「大きな改善を期待している」

2018年12月26日

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレンは2018年シーズン後半には翌年に向けた空力テストを積極的に行ってきたことで、2019年には低迷から抜け出せると考えている。


 パワーユニットをホンダからルノーに変更したマクラーレンは、2018年シーズンに向けて大きな期待を示していたものの、MCL33のパフォーマンス不足に苦しみ、思うような結果を出せなかった。ドラッグが大きく、ダウンフォース面で安定していないという、空力面の根本的問題にチームは取り組んできたものの、シーズン最後までパフォーマンス向上は見られなかった。しかしプラクティスを利用してテストを重ねたことで理解が進み、それが2019年に役立つはずだと、アロンソは主張した。


「7月以来、来年に向けた実験的パーツのテストをしてきた」とアロンソ。


「この数カ月、マシンの方向性について、チームはポジティブな感触を得ていた。そうして問題について理解を深めたんだ。去年(2017年)のシャシーはとても競争力が高かった。GPSでの比較をし、コーナーでのスピードを知っているから、そう判断できる」


「12カ月前のマシンは一部のエリアにおいて競争力がとても高かったのに、今年、競争力のレベルが下がってしまった」


「だが、その理由は分かっている。だから来年(2019年)にはチームはずっといいポジションで戦うことができると思う。僕としてもうれしい」


 2019年にはF1に出場しないという決断を下したアロンソだが、マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、彼をニューマシンに乗せてフィードバックを得たいと考えている。


「それについてすでにフェルナンドには話をしている。彼が引き受けてくれる可能性は十分ある」とブラウン。


「経験の面で、彼はチームに大きな貢献をすることが可能だ。カルロス(・サインツJr.)とランド(・ノリス)も、チームが経験を重ねるためのプランを歓迎する」


「フェルナンドはチームのことをよく知っている。ランドには(F1での)経験がないし、カルロスは我々と仕事をしたことがない。だからフェルナンドに話してみるつもりだ」


「フェルナンドがデイトナでテストをする時に私も出席する。その際に、もう少し詳しい話ができるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号