F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話 ドイツ・ハンガリーGP編:泣きっ面に蜂となったベッテル

2018年8月7日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。今回はドイツ、ハンガリーGP編です。

--------------------------------

「いくら好きでも、こう立て続けでは……」と感じられた方は多いと思う。

 6月のフランスから7月末のハンガリーまで、F1は実に6週間で5つのグランプリを消化し、ハンガロリンクの週末を終えた時には、関係者の誰もがヘトヘトに疲れ切っていた。

 しかも、ハンガリーの前週のドイツでは、パドックの住人の何人かがフランクフルト空港でロストバゲージの憂き目にあい、当座の着替えを買い求めるハメに陥った。ストフェル・バンドーンもその犠牲者のひとりで、さすがに適当なTシャツでパドックを歩くわけにもいかない彼は、木曜をスタッフから借りたチームウェアで、金曜以降はほとんどの時間をレーシングスーツで過ごした。

 バンドーンにとっては、コース上でのパフォーマンスが振るわず、自身の将来に疑問符が付けられ始めた矢先にこの不運だ。まさに泣きっ面に蜂といったところだろう。

 気の毒な目にあったのは、ドライバーやチームメンバーばかりではない。あるメディアセンターの常連は、ドイツでの週末の間、ひどくトリッキーな駐車場の出口をずっと無事に通り抜けてきた。だが、ホッケンハイムでの仕事を終え、空港へ向かおうとした時になってレンタカーの右側全面を壁に擦りつけてしまった。

 しかし、日曜にセバスチャン・ベッテルが犯したミスと比べれば、そんな不運はものの数にも入らない。彼はレース終盤のクラッシュで、ほぼ手中に収めていた優勝を放り出したのだから。ドイツのファンにとっても、ドイツ人ドライバーの母国での勝利を祝うチャンスが、大きなため息と共に消えてしまった。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号