F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、リカルドとの交渉期限を8月と定める。後任候補にも言及

2018年4月27日

 レッドブル・レーシングは、2019年に向けたダニエル・リカルドとの交渉期限を8月に定めることを決めたようだ。


 2018年末でレッドブルとの現在の契約が切れるリカルドは、契約を延長するか、他チームへ移籍するかを検討中だ。


 リカルドはフェラーリとの間で6月30日まで独占的な交渉を行う取り決めを行ったとの報道もあるが、アゼルバイジャンGPの木曜記者会見で本人は「それは本当のことじゃない」ときっぱり否定した。リカルドはこの時「僕はレッドブルとしか話し合いをしていない」とも述べている。

2018年F1第4戦アゼルバイジャンGP木曜記者会見でのダニエル・リカルド(レッドブル)

 レッドブルはリカルドの残留を強く望んでいるものの、交渉の期限を設け、それまでに決断することを彼に求めている。チームが示した期限は5月末のモナコGPだという報道もあったが、チーム代表クリスチャン・ホーナーが最近Auto Motor und Sportのインタビューで語ったところによると、シーズン前半戦が終わるまでは待つ意向のようだ。


「遅くてもサマーブレイクまでには決断を下さなければならない」とホーナーは語った。
「我々としてもいつまでも待つわけにはいかないからね」


 リカルドとの交渉がまとまらなかった場合には、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、カルロス・サインツJr.を呼び戻す可能性があると、ホーナーは発言した。昨年までトロロッソに所属していたサインツは、レッドブルとの契約が維持されたまま、貸し出される形で今年はルノーで走っている。


「ダニエルとの関係を継続することを第一に考えている」とホーナー。
「だがそれがだめであれば、他の選択肢を検討する」
      
「最も明白な候補はカルロス・サインツだ。彼は我々との契約下にある。その他にも何人か若手ドライバーがいる」
 
 レッドブルが候補として考えるサインツ以外の若手ドライバーの筆頭は、現在トロロッソで走るピエール・ガスリーであると考えられる。しかしガスリーは2018年に自身初のF1フル参戦シーズンを迎えたばかりであり、レッドブル首脳陣は今シーズンを通して彼の成長を観察していく必要がありそうだ。 



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号