F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD「アゼルバイジャンはパワーユニットにとって厳しいコース。燃費とエネルギーマネジメントが重要に」

2018年4月26日

 F1第4戦アゼルバイジャンGPに向け、ホンダF1は、パワーユニットに厳しいバクー市街地サーキットへの準備を進めている。


 トロロッソ・ホンダは前戦中国GPでは苦戦し、ピエール・ガスリーは予選17番手、決勝18位、ブレンドン・ハートレーは予選15番手、決勝リタイア(20位完走扱い)という結果だった。


 パワーユニットには全く問題はなかったものの、決勝直後、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は「想定よりも悪いパフォーマンスと結果」だったと落胆。しかし一方で、「悪い部分が見えたと言う意味で、それを解析できれば一歩になると思う」とも述べていた。


 アゼルバイジャンGPの舞台、バクー市街地サーキットは、6.003kmと、スパ・フランコルシャンに次ぎ、カレンダー中、2番目に長いコースで、2kmを超えるロングストレートを備えた世界最速のストリートサーキットである。


 カレンダー中、一番の最高速を出すロングストレートがある一方で、精密なコントロールを必要とするタイトコーナーもあり、パワーユニットマニュファクチャラーであるホンダにとっては、効率よくエネルギーを活用することが重要になる。


「長距離移動の連続だった開幕からの3戦を終え、今回はヨーロッパの東端、アゼルバイジャンでのレースになります」と田辺F1テクニカルディレクターは語った。


「バクー市街地サーキットは、旧市街にあるタイトなセクションと、2kmに及ぶロングストレートを持ち、同じように市街地を走るモナコやシンガポールとは異なるトラックレイアウトになっています。PUにとっては厳しいサーキットなので、燃費とエネルギーマネジメントが重要になります」


「今年のアゼルバイジャンGPは第4戦での開催になったため、例年より早い時期にレースがあります。気温や路面温度も高めだった過去3年より下がると見込まれるので、それに合わせてセットアップを進めます」



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号