F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「総合力で4番手」のルノーF1、アゼルバイジャンから積極的なアップデートプランをスタート

2018年4月25日

 ルノー・スポールF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、今週末のアゼルバイジャンGPでR.S.18の開発において次なる段階に進むと語った。スペインGPではエンジンのアップデートを行う予定だということだ。


 3戦を終えた段階で、ルノーはコンストラクターズ選手権で5位に位置し、マクラーレンを3点差で追っている。しかしアビデブールは、メルボルンでのシーズン開幕以来、ルノーのパフォーマンスはエンストンのファクトリーの前進を反映しており、ルノーはいまや総合力ではグリッド上で4番手のチーム、つまり圧倒的優位のメルセデス、フェラーリ、レッドブルの三強に続く強豪チームになったと考えている。


「我々は中国で、その1週間前のバーレーンと同じ結果を出した」とアビデブールは語る。ニコ・ヒュルケンベルグは連続して6位を獲得した。


「上海の結果は幸運のおかげとは考えておらず、非常にポジティブな感触を持っている」


「ライバルたちとの直接対決により、我々のエンジン、シャシー、ドライバーのパッケージは、全チーム中、4番目の強さを持っていることを確認できた」


「この状態を維持し、すべてのレースでこういったパフォーマンスを発揮することを目標にしていかなければならない。ルノー・スポールF1チームの両ファクトリー、エンストンとビリーおける優先事項は明白だ」


 ライバルと同様に、ルノーはシーズン全体を通して定期的なアップグレードを実施する予定だ。常に前進を続け、ライバルたちと互角に戦うためには、コンスタントに改善を図っている必要がある。


 開発を推し進めるルノーは、アゼルバイジャンにはさまざまな空力アップデートを導入する予定だ。パワーユニットも今後数週間で進化を遂げる予定だ。


「バクーで我々のシーズンの次の段階が始まることになる」とアビテブール。


「ウイングとバージボードなどを含むシャシーの新アップグレードをデビューさせる。バルセロナではエンジン関連のアップグレードが続く予定だ」


「こうした開発の組み合わせによって、パフォーマンスを維持していけると確信している。ひとつひとつ、すべての要素をうまく動作させることに集中を続けていく必要がある」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号