F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【ルノーF1首脳独占インタビュー】ホンダPUについて「去年の後半時点で、出力差は非常に小さい」

2018年4月19日

 2018年F1第3戦中国GPではルノーがダブル入賞を果たし、同じルノーPUを搭載しているレッドブルのダニエル・リカルドは優勝を果たした。好調な結果を出しているPUについて、予選限定で解禁したルノー版パーティモードやホンダPUとのパワー差など気になるポイントを、ルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールに聞いた。 
—————————————–


F1第3戦中国GP ダニエル・リカルド

●「リカルドのターボトラブルが、唯一の痛恨事だった」

──結果には、満足していますか。
シリル・アビテブール(以下、アビテブール):もちろんだよ。2台入賞の目標をきっちり果たしたし、中団勢最速の結果を残せたからね。当初は1ストップ作戦で行くつもりだったのを、2ストップに変更する手際もミスなくうまくいった。その点も、満足だ。そして何より、ダニエル・リカルドの優勝がうれしいね。ライバルが潰れていない状況でも、ルノーPU搭載マシンが実力で勝てることを証明したわけだから。確かに予選での最大パワーは、まだメルセデスやフェラーリに負けてるが、レースでの総合力では決して引けを取ってない。


──リカルドにはFP3でターボトラブルが発生しました。
アビテブール:そう。それがこの週末唯一の問題点だった。なぜ起きたのか、その原因究明が私の今の最優先課題だ。



シリル・アビテブール

──ルノーワークス、そしてこのトラブルを除けばルノー製PUの進化度合い、両方は満足すべきレベルにある?
アビテブール:このトラブルを無視しては、何も語れないけどね(苦笑)。しかし全般的に、着実に前進はしているよ。そして今年のF1は非常に面白い。


──といいますと?
アビテブール:2連戦のバーレーンと中国の展開を見れば明らかだ。その間にクルマ自体はほとんど変化がなかった。アップデートを投入する余裕は、どのチームにもなかったからね。ところが特に中団勢での、力関係が激変した。バーレーンであれだけ速かったトロロッソ・ホンダが失速し、代わりにフォース・インディアが台頭した。


 一方ルノーとハースは、ほぼ安定したペースを発揮できてる。当初から言って来たことだが、われわれは決して先を急がない。改善が遅すぎると批判された時期もあるけれど、今年の速さを見ればわれわれの方法論が間違ってなかったことが、わかってもらえると思う。


──中国ではリカルドのターボトラブルとは別に、ルノーワークス2台がMGU-Hを交換しています。
アビテブール:それとターボトラブルは、関係ないよ。


──新しい仕様に換えたんでしょうか。
アビテブール:いや、以前と同じだ。正確に言えば、レッドブルとマクラーレンがすでに使っている仕様に合わせたと言った方がいい。ロジスティックのミスで適切なパーツがワークスのMGU-Hだけに使われてなかったことが、偶然発見された。具体的には、シールドの仕様が間違っていてね。封印されているので、ここだけ変えるわけにはいかない。それでMGU-H全体を交換することになった。

●ルノーも「パーティモード」を解禁

──ターボトラブルについて考えられる原因は?
アビテブール:わからない。ベンチテストでも、冬の実走テストでも、まったく問題は出ていなかった。唯一バルセロナテストの第2週目に、マクラーレンにオイルリークの問題が出た。それでターボを交換したんだが、そのトラブルと関連があるのか、これからしっかり究明する。


──今季のターボは、去年型とは違う?
アビテブール:まったく違う。コンセプト、デザインが、そもそも違う。より多くのパワーを発生するためにね。しかし当初からまったくトラブルフリーだっただけに、非常に困惑しているよ。


── 一方で、信頼性が十分に確立できたとして、高出力モードを解禁しました。
アビテブール:そう。ただし予選限定だ。レース中も、使い放題というわけじゃない。これまでも予選モードはもちろんあったが、ライバルたちほどパワフルではなかった。それをもう少し、高出力に振ったということだ。

2018年F1第3戦中国GP ニコ・ヒュルケンベルグ

──ルノー版パーティモードですか。
アビテブール:(笑)さすがにそうは呼んでない。まだメルセデスのパーティモードには達してないから、ウォームアップパーティかな(笑)。まだ始めたばかりだけど、少なくともコンマ1秒以上のゲインはある。


──そのパワー解禁と、ターボトラブルとの関連は?
アビテブール:まったくない。トラブルが起きたのは予選前のFP3、そのモードはまだ使ってもいなかったからね。


──ルノー版パーティモードは、単にマッピングの変更ですか。
アビテブール:いや、それだけじゃない。ICE、ERS、すべてを総動員してると言った方がいいね。

●「ホンダパワーは、ルノーとほぼ遜色ない」

──ホンダ製パワーユニットの進化は、どう見ていますか。
アビテブール:印象的な進化と言っていいね。というかすでに彼らは去年の後半には、かなりのパフォーマンスアップに成功していた。しかし信頼性が欠如していたために、それがなかなか結果に結びつかなかった。だがわれわれの目には、予選一発の速さ、そしてレースでも少なくとも序盤のパフォーマンスは、十分に戦えるレベルだった。


 しかしそれをレース終盤まで持続させることが、なかなかできなかった。信頼性の問題だったり、燃費やエネルギーマネージメントの問題でね。それがこの冬以降は、それらの懸案もすっかりクリアしたように見える。今後は確立された信頼性をベースに、パワーも伸ばしてくるはずだ。しかしこの展開は、驚くことでも何でもない。それだけの予算を投入しているし、何より彼らにはレーシングエンジン開発の長い歴史があるからね。去年中盤にはそこまで行けると思っていたのが、少し延びたわけだが。


──純粋な出力の観点で、ホンダはまだルノーの下でしょうか。
アビテブール:下かもしれないが、その差は非常に小さい。


──今年のパワーユニット比較で?
アビテブール:いや、すでに去年の後半時点で、そこまで来ていたよ。

2018年F1第3戦中国GP ブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーと(トロロッソ・ホンダ)



(Kunio Shibata)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号