F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1メキシコGP FP1:サインツが最速。ルーキー5人が出走、ローソンの赤旗でセッションは終了に

2022年10月29日

 2022年F1第20戦メキシコGPのフリー走行1回目が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)となっている。


 アメリカ大陸2連戦を締めくくる、今週末のメキシコGP。舞台となるメキシコシティは標高2300mの高地、酸素が平地より20%以上薄いのが最大の特徴だ。パワーユニットへの負荷が高いのはもちろんのこと、ブレーキの冷却も厳しい。何よりダウンフォースが2割も減ることで、空力性能が極端に落ちてしまう。今季のグランドエフェクトカーがどれほどの影響を受けるのかも、今週末の見どころのひとつだ。


 FP1セッションでは、5人のルーキーが出走した。メルセデスからニック・デ・フリース、アルピーヌはジャック・ドゥーハン、アルファタウリからリアム・ローソン、ウイリアムズからローガン・サージェント、そしてハースがピエトロ・フィッティパルディ。そのため角田裕毅(アルファタウリ)は、FP2から走ることになる。


 現地時間午後1時の開始時点で、気温24.3度、路面温度44.8度、快晴。メインストレートでは追い風となる弱い西風が吹いている。今週末は決勝日まで、雨の心配はなさそうだ。


 開始直後は、ほぼ全車がハードタイヤを装着。ダウンフォースが少ないことに加え、普段ほとんど使われていないサーキットのために、グリップがまったくない。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)でさえスピンを喫し、「修正するヒマもなかった」と苦笑していた。


 開始後6分、ローソンが「ブレーキがまったくない」と訴え、アルファタウリの前輪から派手にカーボンディスクの粉が吹き出ている。それでも一時は、総合10番手の速さを見せた。30分過ぎからは各車ソフトタイヤでコースに出て行き、まずはルクレールがトップタイム。サインツが0.046秒しのいで首位を奪った。


 開始後37分、フィッティパルディのマシンに異常が発生し、ターン2手前でストップ。セッションは赤旗中断となったが、5分後に再開された。ここからはソフトとハードが混在してのロングランセッションとなった。しかし終了4分前、今度はローソンがマシンリヤから煙を吐きながら、ターン12でストップ。さらに加熱したブレーキからも出火し、2度目の赤旗中断に。セッションはそのまま終了となった。


 トップタイムはサインツの1分20秒707、2番手ルクレール、3番手ペレスと4番手フェルスタッペンは1分20秒827の同タイムだ。5番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、6番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、7番手バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、8番手ランド・ノリス(マクラーレン)、9番手ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、10番手セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)。最後に止まってしまったものの、16番手のローソンがルーキートップだった。

リアム・ローソン(アルファタウリ)
2022年F1第20戦メキシコGP リアム・ローソン(アルファタウリ)

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2022年F1第20戦メキシコGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

ニック・デ・フリース(メルセデス)
2022年F1第20戦メキシコGP ニック・デ・フリース(メルセデス)

ジャック・ドゥーハン(アルピーヌ)
2022年F1第20戦メキシコGP ジャック・ドゥーハン(アルピーヌ)

ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)
2022年F1第20戦メキシコGP ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)(ハース)



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編