F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アゼルバイジャンGP FP2:初日はルクレールが最速、フェラーリ勢はロングランで好ペース。角田は8番手

2022年6月11日

 2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。2番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。アルファタウリの角田裕毅は8番手だった。


 FP2は、現地時間午後6時からのスタート。2時間後には日没ということもあって、気温24.4度、路面温度35.7度まで下がっている。19台がコースインするなか、フェルスタッペンのマシンだけはガレージにこもっている。やはりDRSの不具合が、完全には直っていないようだ。セッション序盤は大部分のマシンがミディアムタイヤを履き、角田がトップに。しかしすぐにルイス・ハミルトン(メルセデス)がその座を奪うが、0.056秒の僅差だ。


 その後は、まずカルロス・サインツ、次にルクレールがトップに立ち、フェラーリ2台が速さを見せた。2台ともにFP1終了後に、さらに薄いリヤウイングに付け替えている。そこにフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が割って入った。サインツはコース上に舞うポリ袋を右サイドポンツーンに巻き込んだこともあって、首位ルクレールに1.3秒差をつけられている。開始後15分には角田が4番手タイムを出し、サインツをしのいだ。


 ここでようやくフェルスタッペンがコースイン。徐々にペースを上げ、2番手まで順位を上げた。ほぼ折り返し点の25分の時点で、トップがルクレールの1分43秒806、0.030秒差で2番手フェルスタッペン、さらにコンマ1秒落ちでペレス、4番手サインツ。そこからコンマ6秒落ちで、アロンソ、角田、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が続く。


 限界を極めるギリギリの走りのなか、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)がターン16立ち上がりの高速右コーナーで右フロントを接触。サスペンションやステアリングロッドにもダメージを受けたようで、アルボンはマシンを降りた。


 終盤は多くのチームが、ソフトとミディアムに分けて、ロングラン走行に入った。首位ルクレールはロングランも速そうで、ソフトでコンスタントに1分47秒台前半のタイムを刻んでいる。ミディアムのサインツも、ほぼ遜色ないペース。一方レッドブル勢は、2台とも1分47秒台後半とやや遅い。


 このセッションの首位はルクレール。タイムを1分43秒224まで伸ばした。コンマ248秒落ちでペレス。3番手フェルスタッペン、4番手アロンソ、5番手サインツ、6番手ガスリー、7番手ジョージ・ラッセル(メルセデス)、8番手角田、9番手エステバン・オコン(アルピーヌ)、10番手ランド・ノリス(マクラーレン)という結果だった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)

角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ)

ランド・ノリス(マクラーレン)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ランド・ノリス(マクラーレン)



(Kunio Shibata)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号