F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」

2024年5月25日

 前戦エミリア・ロマーニャGPでは予選で一時トップ3となるタイムをマークした角田裕毅(RB)。エミリア・ロマーニャGPの舞台であるイモラは高速サーキット。低速のモンテカルロ市街地サーキットとマシンの相性が気になるところだが、角田に不安はない。


「低速コーナーといっても、コーナーのアングルやバンプがあるかどうかとか、コーナーにバンクがついているかにもよりますが、そこまで低速が苦手だという感じではないです。だから、期待値はイモラよりもむしろ少し高いです。ただ、イモラはそんなに期待していなかったのによかったから、その逆もあるので、走ってみないとわかりません」

【角田裕毅F1第8戦展望】
2024年F1第8戦モナコGP 角田裕毅(RB)


 モナコではどのコーナーを一番注意しなければならないのか。


「全部です。1コーナーのブレーキングもそうだし、カジノ前やプールも気をつけないといけない。いつもより慎重に攻めていかないといけないのは確かですが、ガードレールに当たるか当たらないかぐらいがちょうどいいんです。コース幅をいっぱいに取ることが重要ではなく、いかにコーナーでスピードを乗せていられるかがポイント。そういうドライビングをしていると、勝手にガードレールにクルマが寄っていきます」


 そのモナコで角田が大切にしていることは、コースにとどまることだという。


「走行時間を有意義に利用して、徐々にペースを上げていくこと。ペースが上がらなくても、コース上にとどまって走り続けることがどのグランプリよりも重要になります」


 そのF1第8戦モナコGPの初日、角田は一度もガードレールの餌食になることなく、フリー走行1回目は8番手、2回目は11番手で終えた。その11番手もじつはソフトタイヤではなく、ミディアムタイヤを履いて出したタイムだった。


「雨が降る予報だったので、ソフトはFP1で使用し、午後はミディアムとハードを使用する予定でした。結局、雨は降らなかったんですが、ミディアムも悪くないタイヤなので、FP2は問題なく走ることができました。ミディアムとソフトのコンパウンドの差を考えると、今日のタイムは決して悪くないのかなと思います」

【角田裕毅F1第8戦展望】
2024年F1第8戦モナコGP 角田裕毅(RB)


 角田と同様、フリー走行2回目にソフトタイヤを履かなかったのは、チームメイトのダニエル・リカルドとオスカー・ピアストリ(マクラーレン)、そしてキック・ザウバーの2台だ。


 抜きどころがないモナコでは、予選がいつも以上に重要になる。今年はどのグランプリでもQ3に進出することを目標に掲げている角田だが、モナコGPではQ3進出は目標ではなく、ポイントを獲得するために必要最低条件となる。それは角田自信が誰よりもわかっている。

【角田裕毅F1第8戦展望】
2024年F1第8戦モナコGP 角田裕毅(RB)



(Masahiro Owari)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号