F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「スタートの問題を解決する必要がある。最初にポジションを落としたことで入賞のチャンスを失った」F1第7戦

2024年5月21日

 2024年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、RBのダニエル・リカルドは13位という結果だった。9番グリッドからスタートで11番手に落ち、11周目という早いタイミングでタイヤ交換を行って、ハードタイヤで非常に長いスティントを走った。終盤は12番手を走っていたが、最後のラップでケビン・マグヌッセン(ハース)にかわされて13位となった。


■ダニエル・リカルド(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
決勝=13位(62周/63周)
9番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード

ダニエル・リカルド(RB)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ダニエル・リカルド(RB)


 スタート手順においては何も問題はなかったし、すべてを正しく行ったと感じている。だけど残念ながらポジションを落として、それがポイント獲得のチャンスを奪うことになった。


 一貫性が欠けているから、チームとして問題を解決するつもりだ。スタート直後にポイント圏外に落ちてしまった。


 レースの間、トレインの中を走り、ダーティエアにさらされた。それは、今の僕たちが非常に苦手とする状況だ。


 引き続きこれについて調べていく。クリーンエアならペースは悪くなくて、それなりのタイムを刻むことができた。でもトラフィックにはまると、苦戦してしまう感じなんだ。


 中団においては、細かい部分が重要になる。できるだけ良い予選順位をつかむために戦っているのだから、決勝スタートでそのポジションを維持することはとても重要だ。


 スタート直後、(角田)裕毅と僕がニコ(・ヒュルケンベルグ)の前にとどまることができていたら、レースの最後までその位置を維持できただろう。集団をもう少しうまく処理し、レースは違う展開になったと思う。


 でも、ここでリセットしよう。何年もモナコを恋しく思ってきた。だから前を向いていくよ。来週のモナコGPが楽しみだ。

ダニエル・リカルド(RB)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ダニエル・リカルド(RB)



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号